チェンマイでワークアウト

ジョギング


 旅先の街をジョギングやウォーキングするのは、とても楽しいものです。昔読んだ本に“旅(移動)は速度が遅ければ遅いほど、色々なものがよく見えて楽しい”といった趣旨のことが書かれていたと記憶していますが、確かに自分も普段はバイクで何気なく走り抜けている場所も、ジョギングしながらだと“へ~、こんなところにこんなものがあったんだ”と改めて何かを発見したりして、驚かされることがあります。
 日本では、ヒルトンやニューオータニなど外人観光客が多いホテルに泊まると、周辺のジョギングコースを紹介したブロッシャー(印刷物)が部屋に用意されていることがあるくらい欧米人(特にアメリカ人)にとってはジョギングは日常的なものであり、実際特に朝夕はチェンマイでも街なかを走っている白人カップルなどをよく見かけます。日本でも、中高年の方がウォーキングしているのは、少なくとも自分の住んでいる地域では犬の散歩をしている人を見るのと同じくらい日常的な風景になりました。
 日本でそうしたことを趣味にしていて、チェンマイに来ても健康維持と観光を兼ねて街を走ったりウォーキングしたいと考えている人も多いのではないかと思います。しかし、ここまで書いておいて言うのも何なのですが、チェンマイでは公道でのジョギング、ウォーキングは自分の経験から、あまりお勧めしません。その理由は、大きく3つのリスクにあります。それは交通事故、車の排気ガス、そして犬です。

<リスク1……交通事故>
 チェンマイの道路での主役は自動車やバイクであって、“歩行者優先”という概念はほとんどない(気候のせいもあってか、タイ人は基本的に徒歩での移動をほとんどしないことも理由のひとつでしょう)に等しい、と言っても過言ではありません。自動車が多く走る通りをジョギングしていると、自動車はそれをよけてくれるどころか、わざと道の端に寄って来て走りをジャマされたという経験を自分は何度もしています。
 自分はそうした経験から、スーパーハイウェイなど道幅の十分広い道路以外では、後ろから来る車に引っ掛けられたりするのが怖くて、車の進行方向とは逆向きに走るようにしていますが、それでも幅寄せなどされた場合はそのたびごとに歩道に避難したりすることになり、走りのリズムを乱されるだけでなく、常に前方からやって来る車に注意していなければならず、周囲の風景を楽しむ余裕などなかなかない、と言うのが正直なところです。

<リスク2……大気汚染>
 チェンマイの大気汚染は、モータライゼーションの急激な発達、それに追いつけない政府の排ガス対策、さらに盆地という地理的要因などが重なり合って、悪化の一途をたどっています。交通量の多い道で、車やバイクが吐き出す煙を見たら、おそらく普通の人はジョギングなどする気持ちをいっぺんになくすことでしょう。
 そういった意味では、上記の交通事故のリスクとを重ね合わせて考えると、チェンマイでのジョギング、ウォーキングは、一般道なら早朝のなるべく車の少ない時間帯、もしくは後述するチャーンプアック競技場やフワイケーオ・フィットネスパークなどの専用コースのほうがよい、ということになります。

<リスク3……犬>
 ところが、3番目のリスクであると自分が考える犬は、1.2.のリスクを回避しようとすると、反比例的に発生の可能性が高まるリスクなので、たいへんやっかいです。競技場や専用コースを走れば確かにすべてのリスクはかなり軽減されますが、チェンマイの街や風景を楽しむ、という旅行者にとっての最大のメリットは限りなく失われてしまいます。そこで、上記の通り早朝の車の少ない時間帯に、スーパーハイウェイのような大きな道ではなく、ごくごく普通の街なかの一般道を走る(歩く)ということになるわけですが、この早朝という時間帯は、犬が最も活発に行動する時間帯とも重なります。チェンマイの街には大変多くの犬がいますが、ノラ犬はもちろんのこと、飼い犬でも鎖などにつながず放し飼いになっているケースが非常に多く、そうした犬たちは見知らぬ人物が道を走ったりすると、集団でものすごい勢いで吼え、追いかけてきます。噛みグセのある犬の口にはカバーのようなものがつけられていることも多いのですが、それ以外の犬が噛みついて来ないとは限りません。タイでは、狂犬病はまだまだ健在で年間結構な数の人が亡くなっています。
【2009年6月】


ウォーキングにも使える旅行用シューズ
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


お勧めのジョギングコース


■チェンマイ市営競技場


区切り線

■フワイケーオ・フィットネス・パーク


区切り線

■ラマ9世公園


区切り線

■お堀1周コース


区切り線

■スーパーハイウェイ沿いコース



チェンマイでのジョギングには熱中症対策アイテムが絶必!




HOMEへ レポートを書く TOPへ