チェンマイの廃寺を訪ねて

ワット・チェディ・デーン(ノーク)


場所……チャーンプアック通りをお堀から北へ約500m行った左手


チェンマイ市内北部にある廃寺、ワット・チェディ・デーン(ノーク)の写真 市の北部、チェンダーオ、ファーンへと続くチャーンプアック通り(国道107号線)沿いにある廃寺。ほかの多くの廃寺と同様にチェディ(仏塔)がひとつのみ、それも写真のように上半分は消失してしまった状態で残されている。このチェディは、基壇が2つ積み重なっているところが大きな特徴となっており、その形状からタイ暦21世紀以降の建立であると思われる。また、残存してる部分から、上部のルアンタートゥ(仏塔の最重要部分で、仏舎利などを入れておく)は、つる性植物の装飾が施されたアーチ型の庇がかけられた四角形と円形を混ぜ合わせたスタイルになっており、それがさらに四方から上部のアンラタン(鐘の形をしたドームから上の部分)を受け支えるような造りであったと推測される。
 このチェディの訪れた時、その周囲にはゴミが散乱し、非常に汚かった。市内の廃寺の多くは、最近整備が進み説明書きのボードなども作られつつあるが、歴史的にも貴重な財産であり、また古都としてのチェンマイを象徴するものでもあるのだから、定期的に清掃するなどの保護策をもう少し講じてほしいものだと思う。
【2002年3月】



チェンマイまで通しで航空券を購入できます
JAL 日本航空 国際線航空券




HOMEへ レポートを書く TOPへ