チェンマイの廃寺を訪ねて

ワット・ファン・サート


場所……チャーン・プアックバスターミナル内、サナーム・キラー通りに面している



チェンマイ市内北部、チャーン・プアックバスターミナルの中にある廃寺、ワットファンサートの写真 文献にはまったく登場せず、歴史などはほとんどわからなかったが、1986年の修復の際に調査が行われ、写真の仏塔の中に、もうひとつ小型の円形の仏塔があることが判明した。そしてその仏塔が、マンラーイ王(ラーンナー・タイ王国創始者)時代の典型的なスタイルであることから、極めて初期のラーンナー・タイ様式であることが確認され、古い歴史のある寺院であることがわかった。
 今見ることのできるチェディ(仏塔)は15世紀に作られたもので、最下部の四方形の基壇は古いラーンナー・タイ様式を受け継いだ形をしている。その上の2段のくびれ部分には、小さな輝く飾り(ガラス?)が付けられていたらしい。
 上半分は、ほとんどが修復時に新たに作られたものだが、中央部にあるアーチ型の屋根飾りが付いた窓には、かつては仏像が安置されていた。さらにその上には3段に重なった同様の窓が作られていて、これらの上についている人字型の屋根飾りはカヌンの花の形を模したデザインになっている。
 最上部の尖塔は、ラーンナー・タイ様式とクメール様式が混ぜ合わさったようなスタイル。その一方で、パーツによってはラーオ様式の影響も受けており、チェンマイの地理的・文化的位置を知る上で興味深い。



タイにスマホを持っていくならセキュリティ対策は必須です!!
ソースネクスト スマートフォン・セキュリティ




HOMEへ レポートを書く TOPへ