チェンマイの廃寺を訪ねて

ワット・チェンコーン


場所……堀の南側、チェンマイ門のまん前。堀の外側を走るチェンセーン通りとスリウォン通り、ナンターラーム通りが交わる三叉路に接している



堀の南側、チェンマイ門のまん前にある廃寺、ワットチェンコーンの写真 チェンマイ門南のにぎやかな商店街の中に、ポツンと取り残されたようにチェディ(仏塔)だけが立つ廃寺。チェディの両脇ギリギリまで商店があるため、注意していないと気づかずに通り過ぎてしまうかもしれない。
 今からおよそ350年前のタイ暦2100年代終盤、ラーンナー王朝末期に建立されたと推測されるが、その後数々の改修が重ねられており、現在のチェディは、当初の形とはかなり違っていると考えられている。
 基壇の部分は、損壊してすでになくなってしまっているが、建立された時代から、当初は横幅が広い四角形をしていたと思われる。通常、チェディーは3層構造になっているものなのだが、このワット・チェンコーンは、写真でもわかる通り下部と中部がほぼ同じ大きさ・形をしており、一瞥すると2層にしか見えない。
 さらに、その上部にあるルアンタートゥ(仏塔の最重要部分で、仏舎利などを入れておく)も、かなり天地が短くなっている上に、通常ならば1辺にひとつの門を作り、その上には漆くいでできた、花や蔓が刻まれたアーチをかけるのであるが、ここではアーチのない門が4ヶ所も作られている。この門の内部ひとつひとつに、仏像が納められているらしいが、他では見られないデザインだといえよう。
 唯一、建立当時の原形をとどめているのは、アンラタンと呼ばれる鐘の形をしたドームから上の部分で、ラーンナータイ初期の典型的なスタイルをしている。



海外でもいつものスマホで4G通信!




HOMEへ レポートを書く TOPへ