チェンマイの廃寺を訪ねて

ワット・フォーンソーイ


場所:お堀の内側、チェンマイ門市場の裏手。プラポクラウ通りソイ2を入り、30~40mほど進んだ右手


お堀の内側、チェンマイ門市場の裏手にある廃寺、ワット・フォーンソーイの写真 お堀の内側南部、チェンマイ門のすぐ近くにある廃寺。チェンマイ門市場のちょうど裏手にあたり、細いソイに面していて大通りから見えず、また規模も小さいためほとんど目立たずひっそりと建っている、というカンジだ。

 寺院の名前は、直訳すると「鶏の頸の毛の束」という意味なのだが、その由来や寺院の建設と廃寺となった経緯については、現時点ではまったく史料が見つかっていないようだ。しかしながら、1517年に著された「ニラート・ハリプンチャイ」によると、ここにはたいへん美しい仏像が祭られていたという。さらに加え、この寺院は、ラーンナータイの神話を記述した年代記には、1562年から1601年にかけてこの地に深いつながりを持った貴族である“プラ・テラ”に捧げられたものとして登場している。
 現存しているチェディ(仏塔)は、ラーンナー文化の特徴を多く残している。基壇の上には、四方のすき間に仏像を収めたと思われる高さのあるスペースがあったことが見て取れるし、さらにその上には小さな丸い鐘の形をしたアンラタンも下半分ほどがかろうじて残っている。チェディの周囲にも遺構は残っているはずなのだが、現在は周囲に人家などが立ち並んでしまっているため、地中に埋まっていると思われる。
 チェディをはじめとする建築学的な特徴や上記の史料から、この寺院は16世紀に建立されたことがわかる。その後、ビルマ軍を駆逐する戦争のために打ち棄てられたが、ラタナコーシン王朝初期に復元された。しかしながら、この寺院が実際に利用されたのは、16世紀から18世紀にかけてだけであった。タイ国芸術局は1999年にチェディを発掘し、2003年に復元した、と説明書きには書かれているが、周囲に囲いをつけただけでチェディそのものにはほとんど手がつけられていないのではないだろうか。

 写真でわかる通り、今にも崩れかけたチェディがわずかに残っているだけなのでわざわざ見に行くほどの価値もないと思う(この近くで廃寺を見るなら、チェンマイ門の南に伸びるスリウォン通りを下っていった方がよい)が、市場に来たついでなどにフラッと立ち寄るといいだろう。
【2006年4月】



日本円で支払いなら一番安いことも多い




HOMEへ レポートを書く TOPへ