タラート(市場)徹底解剖

JJマーケットの日曜朝市


場所:市内北部アサダートン通り沿い
WEBSITE:http://www.jingjaichiangmai.com/



チェンマイ市内北部にあるJJマーケットで開かれる日曜朝市 チェンマイ市内北部のJJ(Jing Jaiの略)マーケットで毎週日曜日の午前中に開催される定期市(タラート・ナット)。チェンマイ市民の間ではオーガニック野菜を中心とした安全食品が豊富に揃っている市場として知られているが、惣菜類やせっけんなどの自然化粧品なども売っている。

 JJマーケットは、チェンマイ市内北部のアサダートン通り沿い、市内中心部からだとお濠の北東角(チェーン・シープーム)から北に伸びている同通りをまっすぐ進みおよそ1.5km行った右側にある。2つ目の信号のある交差点を越して100mほど行くと右手に「JJ」と書かれた緑色の大きな看板が見えるし、交通量も多くない日曜の朝にここだけ異常ににぎわっているので、すぐにわかるだろう。ちなみに、スーパーハイウェイからアサダートン通りに入って来た場合は、600mほど進んだ左手。また、カムティエン市場側から西に伸びるソイ・シーモンコンからも中に入ることができる。
 市場は全体でおよそ200m四方の広さだろうか、会場は小きな東屋と大きな東屋の2カ所に大別することができるほか、東屋前の広場のようなところにも店が出ている。小さな東屋は、入口に「PURE ORGANIC HALL」と書かれた看板を掲げた木製のしっかりとした建物で、中にはおもにオーガニック野菜や果物を扱う店が10軒ほど並んでいる。こちらに店を出せるのはキチンと認証を受けているところだけのようで、どこもテーブルに認証書をフレームに入れて飾っている。旅行者が買えるようなものはほとんどないが、中にはオーガニックのコーヒー豆を販売しながらその場で飲むこともできるようになっている店もあるので、のぞいてみるといいだろう。
 大きな東屋は柱と屋根だけの構造の30~40m四方のかなり大きな建物で、内部にいくつもの通路が作られておりそれに沿って店がたくさん並んでいる。こちらのほうの店舗はバラエティーに富んでおり、野菜や果物だけでなく、パン、米、おかず類、お菓子、加工食品、化粧品や薬、籐で編んだ雑貨などを売る店が雑多にある。こちらで野菜などを売る店は認証書を出している店とそうでない店があるが、お友達の話では市場自体を運営しているのが大きな東屋にも看板を出しているISACという有名な公共団体(?)らしいので、おそらく商品を売る店舗の管理も普通のタラートよりはされていることだろう。
 中には大きな蒸し器でサラパオ(中華まんじゅう)を売っている店や、カノムチン(タイ風素麺)、さらには炭を入れた大きな壺(かめ)を置いてその中で吊るし焼きにしたガイヤーンを売る人気店もあったりする。また東屋の周囲や敷地内の空いているスペースにはテーブルとイスが用意されているので、そこで買ったおかず(店の人に言えば、汁ものなども使い捨て容器に入れてくれる)などを朝食代わりに食べることも可能だ。また、広場に出ている店は、おみやげにもなりそうな洋服や雑貨などを売っているところも多い。

 近年、タイ人の特に裕福な人々の間では健康や食の安全に対する意識が急激に高まっており、この日曜朝市もお金持ちそうなタイ人や自分のようにチェンマイに住む外国人でたいそうにぎわっている。生鮮食品が中心なので旅行者が買えるようなものはそれほど多くはないものの、前述の通り食事を取ることもできるので日曜にチェンマイに滞在しているのであれば朝食を食べに来がてら市場を見学してみるというのもおもしろいのではないだろうか。
 なお、市場のすぐ脇(そこもJJマーケットの一部)は、ガラクタ市になっている。定期市が活気を帯びている時間はオープンしていないが、外から品揃えを見ることはできるので興味があれば立ち寄ってみるといいだろう。また、すぐ脇には草木市場のカムティエン市場、スーパーマーケットのロータスもあるので、うまく組み合わせて訪れてもいいかもしれない。
 定期市の営業時間は6時から14時となっているが、自分がいつも出かける8時半ごろは自動車で行くと駐車スペースが見つからないほど混み合っている。また、その時間帯でも店によっては商品が売り切れていることもあるので、朝食をとりがてら早めに出かけることをお勧めする。フリーペーパーの広告などでは土曜日も開催となっているが、出店している店舗は日曜日と較べると10分の1にも満たずお客も少なくて閑散としている(ただし、不定期でイベントが開催されることがあり、内容によっては大混雑することもある)ので、行くのであれば絶対に日曜日にすべきだ。
【2016年11月】
======

 東屋前の広場スペースを大きく使ったマーケットは、隔週にしか開催されていないようだ。そのため、東屋だけで開催される週は人の出がグッと少なくなっているがその分自動車は駐車しやすい。
【2017年8月。写真も追加】



海外でもいつものスマホで4G通信!




HOMEへ レポートを書く TOPへ