タラート(市場)徹底解剖

カムティエン市場(花木・園芸用品のタラート)


場所:市の北側。スーパーハイウエイをラムプーン方面から来てピン川にかかる橋を渡り、400~500m進むと左手にタイ語の表示のある看板が見えてくるのでそれをくぐる。市内からだと、ラーチャウォン通りを北上しラタナコーシン通りとの交差点を過ぎてさらにまっすぐ進むと、荒地が見えてくるのでそのまま直進する



 チェンマイ市内北部にある、花木・園芸用品専門のタラート。広さでは、恐らくチェンマイ最大で、とても歩いて見て回れる規模ではない。周囲を荒地に囲まれており、全体図にもあるように、大きく北側と南側のブロックに分けることができる。売っているものに大差はないので、もし見学するのであれば、どちらか一方に行けば十分だと思うが、店数は南側の方が多くて活気がある。

カムティエン市場(1)北ブロック
 スーパーハイウエイ沿いに立つゲートをくぐり中央分離帯のある広い道を進むと、まずすぐ右手に花木・園芸用品を扱う一角があるが、それ以外の店も混在している。さらに少し進むと、今度は左手に事務所を伴った、屋根付の小さな普通のタラートが見えてくる。食堂や商店があるが、いつも閑散としている。広い通りはここで行き止まりとなり(正面にタイ語の看板あり)、道は左折する。すると、右手にサンカムペーン行きのソンテオ乗り場があり、常に5~6台のソンテオが止まっている。また道はすぐクランクのように右折し、右手に大きな倉庫を見やると、北ブロックの中心に行き着く。
 ここは大きく3つの区画に分かれており、どれも花木・園芸用品を扱っているが、中には犬や鳥・熱帯魚の専門店、植木鉢・籐製品を扱う店も混在している。また、小さな野菜のタラートもある。メインロードはこの区画の北端を東に進み、英語の看板の立っているところで突き当たり、右に曲がる。すると両側が荒地となり、さらに100mほど進むと、右手にポツンと市場の事務所の建物が建っている。

カムティエン市場(2)南ブロック
 この南ブロックの各区画にはAからLまで番号が付けられているが、I・JがなくBBがあるのはご愛嬌か。北ブロックから来ると、まずAブロックが左手に見えてくる。道をそのまままっすぐ進むとゲートがあり、チャーン・プアック通りにつながる道が右手にある。さらにますぐ進むと、スリー・モンコン通りにぶつかる。ゲート手前の左手には駐車場があり、その奥には食堂や雑貨屋が数軒並ぶBBブロックがある。
 AからLのどのブロックにも花や木、園芸用品を扱う店が立ち並んでいるが、地図にあるようにところどころにサボテンや蘭の専門店、ガーデニング用品や小鳥・インコの店も散在している。中には、英語の看板を出している店もある。また、2カ所の公衆トイレが建っている。Eブロック東側の小さなゲートは、朝8時から夕方6時の間のみ通過可能で、ワン・シンカム通りへとつながっている。

==========

 2001年、タラート北側に隣接してロータスショッピングセンターが開業し、それに合わせてお堀の北東角(チェーン・スリープーム)から市場の西側を通ってスーパーハイウエイにつながる大通りが完成した。タラートそのものにほとんど変化はないものの、市場側にロータス駐車場への出入口が2ヶ所できたりしたため、市場を抜けてロータスに向かう自動車の交通量が多くなり、それまでの何となく閑散としたイメージがかなり変わった。



航空会社のラウンジで日本人が使っている比率が一番高い!




HOMEへ レポートを書く TOPへ