タラート(市場)徹底解剖

チャーンプアック市場


場所:お堀の北、外側を走るマニーノッパラート通りとチャーンプアック通りの交差点に接している。チャーンプアック門からだと北西側



チェンマイ市内お堀の北側にあるチャーンプアック市場の露店 チェンマイ旧市街、北側のお堀沿では唯一のタラート(市場)。チェンマイ門市場のように通りからは見えず、マニーノッパラート通り沿いの入口には、大きく“チャーンプアック市場”とタイ語で書かれた赤い看板が出ている。市場の東側に接するチャーンプアック通り沿いにも入口がある。
 市場自体には、それほど大きな特徴はない。内部は、生鮮食料品店、雑貨屋、洋服屋、おかず屋などが雑多に並んでおり、肉類を扱う一角だけが金網に囲われているのもほかの市場と同様だ。
 割と近年に内部は改装されたので、全体的にきれいなカンジで、地図を見ればわかるようにレイアウトも整然としたところがある。また、中央部付近には真っ赤に塗られた祭壇のようなものも設置されている。
 しかし、この市場の一番の見どころは、この建物の中ではない。早朝に、チャーンプアック通り沿いにずらりと並ぶ数々の露店だ。歩道の両脇を埋め尽くすように、野菜や果物、魚などの生鮮食料品を売る露店が300~400mにわたって並び、多くの買い物客が行きかう風景は、昔のチェンマイの写真で見かけるような古いタラートの面影をどこか感じさせるものがあり、観光客にとってはチェンマイ(タイ)の古きよき時代の庶民の生活を感じることができる貴重な場所だということができよう。
 また、市場の南側のマニーノッパラート通りに面した部分は広場になっており、夜になるとさまざまな屋台が並ぶ。ここも市場内部が改装されたのとほぼ同時期にきれいに整備され、それ以降屋台の数そのものは減ってしまったが、それでも20~30軒ほどが軒を連ね多くの食事客で賑わっており、お持ち帰りの客が駐車する車でマニーノッパラート通りが時間によってはここをネックに渋滞してしまうほどだ。数ある店の中でも、中央付近にあるテンガロン・ハットをかぶったおばさんがやっているパッタイ(タイ風やきそば)の店は特においしいと評判で、いつもたくさんの人が並んでいる。もし、機会があればトライしてみるといいだろう。

 ちなみに、広場の前の通りは、ドーイステープ行きの乗り合いソンテオの出発点になっている。おそらく市内中心部からは一番近いドーイステープに行きソンテオ乗り場なので、朝早めにホテルを出てタラート(市場)を見学した後で、ここからソンテオに乗ってドーイステープに行く、というのもいいアイディアだと思う。
【2017年10月写真追加】



スポーツ用品メーカーが旅行用シューズを作るとこうなる
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ




HOMEへ レポートを書く TOPへ