タラート(市場)徹底解剖

 都市化の波が急速に押し寄せるチェンマイでは、人々のライフ・スタイルも近代的なものへと変わりつつあるのが現状だが、まだまだ昔ながらの北タイの雰囲気を色濃くとどめたところも残っている。そのひとつが、タラート(市場)だろう。メガストアが登場した今でも、タラートは市民生活の中で重要な位置を占めており、特に生鮮食料品や自宅で食べる出来合いの惣菜などはタラートで買い求めるという人が多い。
 市内にはいくつかの大きなタラートがあるが、中にはワローロット市場のように、チェンマイにやってく来るタイ人観光客のためのショッピング・スポットとしての機能を有しているものもあり、チェンマイ滞在中1度は足を運んでみたい場所だ。
 迷路のように入りくんだ小道、売り込みの大声をあげるおばちゃん、タライの中でピチピチと勢いよく跳ねる小魚たち、日本では見たこともない南国らしい形をした野菜、どこから持ってきたのか、ほとんどガラクタのような家庭雑貨を並べる店……。そんな風景を眺めながら、雑踏の中をウロウロしていると、あっという間に時間が過ぎていく。歩き疲れたら、市場の中かその周囲にある食堂などで、人々の姿を見やりながらノンビリと一服するのもいいだろう。
 もっとローカルなタラートを見てみたい、という人は、バイクで20~30分走って郊外の村に行くとよい。生鮮食料品と惣菜の店が並ぶ小さなタラートがいたるところにある。
 いずれのタラートも、昼間は死んだように静かになっているところが多いので、早朝か夕方に行くのがいいだろう。




タイ土産。定番のチョコレート、ドライフルーツからタイの地酒まで揃う



JJマーケットの日曜朝市


チェンマイ市内北部にあるJJマーケットで開かれる日曜朝市

 チェンマイ市内北部のJJ(Jing Jaiの略)マーケットで毎週日曜日の午前中に開催される定期市(タラート・ナット)。チェンマイ市民の間ではオーガニック野菜を中心とした安全食品が豊富に揃っている市場として知られているが、惣菜類やせっけんなどの自然化粧品なども売っている。
 JJマーケットは、チェンマイ市内北部のアサダートン通り沿い、市内中心部からだとお濠の北東角(チェーン・シープーム)から北に伸びている同通りを...

続きを読む

イスラム通りの金曜朝市・夜市


チェンマイ市内中心部、チャンルプラテートソイ1のイスラム朝市の様子

 ナイトバザールとピン川沿いのチャルンプラテート通りをつなぐ横町に、イスラムのモスク(清真寺)があります。このサイトで紹介しているカーオソイ・イスラムのある通りです。朝早くからコーランが流れるので気が付きます。
 モスクの反対側にガレー・ナイトバザールのフードコートとポンピンタワーホテルに挟まれた広場がありますが、金曜日にイスラム系の中国出身の...

続きを読む

チャーンプアック市場


チェンマイ市内お堀の北側にあるチャーンプアック市場の露店

 チェンマイ旧市街、北側のお堀沿では唯一のタラート(市場)。チェンマイ門市場のように通りからは見えず、マニーノッパラート通り沿いの入口には、大きく“チャーンプアック市場”とタイ語で書かれた赤い看板が出ている。市場の東側に接するチャーンプアック通り沿いにも入口がある。
 市場自体には、それほど大きな特徴はない。内部は、生鮮食料品店、雑貨屋、洋服屋、おかず屋などが雑多に並んでおり、肉類を扱う一角だけが金網に囲われている...

続きを読む

チェンマイ門市場


チェンマイ市内南部、チェンマイ門のそばにあるチェンマイ門市場の写真

 お堀の南側、やや東よりに位置するチェンマイ門のすぐそばにあるタラート。それほど規模は大きくないが、市場の前がソンテオやバスの乗降場所になっていて渋滞していることがしばしばで、また夜は向かいのお堀に面した広場のようになっているスペースに屋台が多数出るため、いつも活気にあふれている印象を受ける。
 市場は、東をプラポクラオ通り、南をバムルンブリー通りに囲まれるように...

続きを読む

タニン市場


チェンマイ市内北部にあるタニン市場

 お堀の北側にあるチャーンプアック門からメーリム方面に伸びるチャーンプアック通り(国道107号線)を北に1.2kmほど進んだ左側にある、草木に特化さあれたカムティエン市場を除けば、街の北部ではおそらく最も大きなタラート。チャーンプアック通りを進んでお堀から2つ目の信号を左折するのが一番わかりやすいと思うが、上記の通りハサディセヴィー通りを北進し、M&Dマンションの案内看板の出ている交差点(右角は大きなぬいぐるみ屋になっている)を右折して...

続きを読む

ムアンマイ市場(生鮮食品のタラート)


ムアンマイ市場

 意訳すれば「新都市場」とでも呼べばいいのだろうか、ワローロット市場からだと700~800m北に位置する、野菜・果物などの生鮮食料品を主に扱っているタラート。場所の目印になるようなものはないが、市場のあるところには「タラート・ムアンマイ」と書かれた大きな看板が立てられており、ワローロット市場近くのピン川にかかるアヌサーン歩行者専用橋や歩道橋からもその看板をながめることができる。市場は...

続きを読む

サンパコーイ&トーンカム市場


サンパコーイ市場

 街の東、チャルンムアン通りに沿ってピン川左岸に広がる一帯は、「サンパコーイ」と呼ばれている。このエリアは、ピン川に接したチャルンラート通りを除けば旅行者が訪れる機会はあまりないと思われるが、今も下町的な雰囲気を色濃く残した、路地裏の散歩などが楽しい地区でもある。そのサンパコーイの中心、チャルンラート通りとバムルンラート通りとの交差点の東南角に位置するのが、サンパコーイ市場...

続きを読む

カムティエン市場(花木・園芸用品のタラート)


カムティエン市場

 チェンマイ市内北部にある、花木・園芸用品専門のタラート。広さでは、恐らくチェンマイ最大で、とても歩いて見て回れる規模ではない。周囲を荒地に囲まれており、全体図にもあるように、大きく北側と南側のブロックに分けることができる。売っているものに大差はないので、もし見学するのであれば、どちらか一方に行けば十分だと思うが、店数は南側の方が多くて活気がある...

続きを読む

ワローロット&トンラムヤイ市場


ワローロット市場

 市の中心部にある、チェンマイで最もにぎわっているタラートのひとつ。もし、どこか1ヶ所市場を見学するのであれば、やはりここということになるのだろう。
 ウチャヤノーン通りをはさんで、川側にあるのがトンラムヤイ市場、ドイステープ側にあるのがワローロット市場で、両者は歩道橋でつながっている。トンラムヤイ市場は、ワローロット市場と比較すると規模が小さく、売っているものも乾物や...

続きを読む

トンパヨム(ステープ)市場


トンパヨム(ステープ)市場

 市の西側では最大の市場で、正式にはステープ市場というらしいが、地元の人はみんなトンパヨム市場と呼んでいる。
 ステープ通り沿いに並ぶ商店の間から市場に入ると、果物の露店がズラリと並んでいる。フルーツの店は、クローン・チョン・プラターン通り側の通路にもたくさんあり、この市場は、他と比べて果物の占める割合が高い気がする。売っている品物自体には特に違いはないが。市場の内部には...

続きを読む

ソムペット市場


ソムペット市場

 堀の内側、ターペー門のすぐそばにあり、旅行者も行きやすいロケーション。市場は、大きく3つのパートに分かれており、市場そのものとその正面にあるおかず屋ばかりあつまった一角、それに市場の周囲の通りに広がる店の群れで構成されている。
 市場自体は非常に小さく、初めて行った時にはどこに市場があるのかわからなかったほどだが、その分周囲の賑わいがすごい。おかず屋の一角は、狭い小道に10数軒の店が集まっており...

続きを読む



大金の入った財布を人前で出すのは危険!これで普段使いのお金は前ポケットへ



HOMEへ レポートを書く TOPへ