ルアンミットさんの“チェンマイ・スパめぐり”

RATILANNA SPA(旧:THE ASPARA)


住所:RatiLanna Riverside Spa Resort Chiang Mai内(Ratilanna 33 Changklan Road)
電話:053-999333
FAX:053-999332
WEB:http://www.ratilannachiangmai.com/
E-MAIL:info@ratilannachiangmai.com


チェンマイ市内南部、ラティラーンナーリバーサイドスパリゾート(旧ソフィテルリバーサイドチェンマイ)のスパ“ザ・アスパラ”の写真*場所……ラティ・ラーンナー・リバーサイド・スパ・リゾート(旧ソフィテル・リバーサイド・チェンマイ・ホテル)内
*店の外観……プルーサイドの横の階段を降りた地下1階ですが、入口は吹き抜けなっているので明るい感じです。
*店の規模……小

≪私が体験したサービス≫

“BODY BLISS”というパッケージ。2,800B(税サ別)
ボディスクラブ(30分)~アロママッサージ(60分)
アロマボディマッサージのオイルは、Blue Sky(ペパーミント)、Sunshine(オレンジ)、Mountain Mystral(ラベンダー)などから選択します。
パンフレットによると、スクラブ剤もOrange Sugar、Lavender Sugar、Dead Sea Saltなどから選択できるようですが、私の場合はたずねられませでした。

≪感想≫

[◎]……アロママッサージはオイルたっぷり。私はMountain Mystralを選択したので、濃厚なラベンダーの香りに包まれて、深~くリラックスできました。スパで使用されるオイルなどはホテルのショップでも購入できます。
[○]……シャワールーム、洗面台などの設備はホテルの部屋と同じ仕様でした。センスはいいけど、宿泊客としてはちょっとつまらなかったかも。
[△]……スクラブ剤の塩がちょっとは肌にしみて痛かったです。私は肌が弱く、塩スクラブはその日の体調で合わないと感じることもあるので……。ここは、オイルもスクラブも“濃い”のが特徴なのかしら(笑)

≪全体的な感想≫
テクニックも雰囲気も十分満足できるものですが、アジア各国に支店を持つわりには“アジアらしさ”があまりないのがちょっと残念です。
ここでは、高級リゾートホテル内のスパというロケーションを生かして、トリートメントの後には、リバーサイドのバーで夕暮れに染まるピン川を眺めながら軽く一杯……なんて過ごしかたをするのがいいと思います。
また、ホテル内のレストランで食事の前にサービスされたリフレッシュウォーターやモスキートガードもこのスパの製品でした。もちろん宣伝もあるでしょうが、気の利いたサービスだと思います。



市内南部にある高級ホテル、ラティ・ラーンナー・リバーサイド・スパ・リゾートについて




HOMEへ レポートを書く TOPへ