チェンマイ(北タイ)料理

ガイヌン


チェンマイ料理の鶏肉の唐辛子ハーブ蒸しのガイヌン チェンマイ(北タイ)料理レストランだったら、まず間違いなくメニューに載っている、鶏肉の唐辛子ハーブ蒸し。ガイは鶏肉、ヌンは蒸すという意味だ。
 たいていは丸ごと一羽のニワトリに、唐辛子、ニンニク、塩などをベースにしたペーストのようなものをすり込んで蒸したもので、蒸す時に下に敷いた皿には鶏から出たエキスがたっぷりと溜まっていて、これが肉そのものよりもおいしい時もある。このスープは、味の薄いカレーといった感じで、辛さも控えめで日本人には違和感がない。これをカーオニヨウ(もち米)につけて食べると、いくらでもお腹に入る感じだ。
 もともと使っている香辛料やハーブの種類が多くはないので味は全体にシンプルなのだが、逆にそれらのバランスをうまく整えないと残念な仕上がりになってしまうので、そこが料理人の腕の見せどころだ。特にブロイラーではなくガイバーン(地鶏)を使ったものだと、肉はやせているがブロイラー独特の臭みのようなものがまったくなく、スパイスがしみ込んだ肉の味が引き立つ。
 鶏を丸ごと使っていることが多いので、人数が多くないと持て余してしまうだろうが、もしチャンスがあればぜひ試してみてほしいチェンマイ(北タイ)料理のひとつだ。







HOMEへ レポートを書く TOPへ