チェンマイ(北タイ)料理

ナムプリック・ヌム



ナムプリックヌム 上記のケープムーと並んでチェンマイを代表する名物のひとつ。青唐辛子に、ホームデーン(赤いらっきょうのような色・形をしたユリ科の野菜)、ニンニク、ナス(いずれも焼いたもの。ナスは皮をむく)を加えてつぶし、ペースト状にしたもので、ケープムーやカーオニヨウ(もち米)、ゆでたオクラやインゲンなどの野菜をつけて食べる。青唐辛子が主材料なので辛さは格別で、日本人では食べられない人も多いようだが、慣れてくると病みつきになる味で、自分はこれにカーオニヨウさえあれば後は何もいらない、と言えるくらいの好物だ。
 コン・ムアン(チェンマイ人)にとってはもっともベーシックな日常食であり、またクルンテープ(バンコク)から来た観光客は必ずといっていいほどお土産として買い求めるので、街なかのどの市場でも売られているが、ペット・マーク(激辛)とペット・ノーイ(辛さ控えめ)の2種類を用意していたり、水分が少なくちょっとパサパサっぽいものがあったり、唐辛子をあまりつぶさずに原形を残した状態のものがあったりと店によってそれぞれの特徴があるようで、それらを色々と試してみて、自分のお気に入りの味を探すのも楽しい。辛さは若干抜けるものの、冷凍保存も可能なので、日本に持って帰ってきてスティック野菜などに添えて出せば、よい酒のつまみにもなる。
 ケープムー同様にバリエーションも豊富で、ナムプラーが加わったものやプラーラー(小魚の塩辛風の調味料)を混ぜ合わせたナムプリック・ヌム・プラーラーも、独特の臭みがあって好き嫌いが分かれるものの、お勧めの一品だ。



純正印画紙使用で、プリント品質保証制度を導入しています




HOMEへ レポートを書く TOPへ