チェンマイ(北タイ)料理

ナン・ガイ



ナン・ガイ 文字通り、鶏(ガイ)の皮(ナン)をカリカリに揚げたもの。ケープムー(豚皮のカリカリ揚げ)やカオニヨウ(モチ米)と同じように、ナムプリックやほかのおかずなどと一緒に指でつまんで、あるいはゲーン(カレー)やスープなどの汁物にちょっと浸して食べるので、主食のようなものと考えていいだろう。香ばしく揚げられたナンガイは、それだけを食べても十分おいしいが、個人的には辛いナムプリックヌムと一緒に食べるのが一番好きだ。
 タラート(市場)では、材料の関係からかガイトート(鶏のから揚げ)の店で小さなビニール袋に入れられて売られていることが多い。少量で売られているのは、このナンガイが足が速いからだそうで、毎回食べ切れる分だけを買ってくる、というのが基本らしい。確かに、日本に何回かナンガイを持って帰ってきたことがあるが、冷蔵庫に入れておいてもすぐに油が臭くなって食べられなくなってしまった。



創業25年の老舗。航空券とホテルを自由に組み合わせてお得なセット割を
海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】




HOMEへ レポートを書く TOPへ