チェンマイのレストラン(その他タイ料理の店)


ティーレック


場所:タニン市場の北側を走るウィアンブア通りをチョータナー通りから500mほど進み、チェディプローン通りに入って200mほど進んだ右手



チェンマイ市内北部にある辛味スープ麺の店、ティーレック(1) 市内北部、あまり旅行者が来るようなことはないであろうエリアにあるごくごく見た目には普通の小さなクエティオ(麺)屋だが、クエティオ・トムヤムを売りしており時間によってはひっきりなしに客が出入りするほどの人気がある店だ。

 店のロケーションは、土地勘がない人にとってはかなりわかりにくいだろう。上記の通り、タニン市場の北側を走るウィアンブア通りを市場の出口から西に進み、400mほど進んだ右手にある最初の道(チェディプローン通り)を入り、200mほど進んだ右手のホンテオ(商店兼住居がつながったタウンハウス)の1軒がティーレックだ。チェディプローン通りを進んでいくと道がほぼ直角に右に曲がるのだが、その曲がる直前の右手になる。間口も狭いので、うっかりすると通り過ぎてしまいそうだ。
 店はまったく飾り気がなく、通りに面して右側に麺や材料を入れたショーケースと大きな寸胴鍋を備えた調理台、左手にセルフサービスの給水器と、付け合わせのボーラパー(北タイのハーブ)やモヤシ、白菜の入った水を張ったボウルと小皿が置かれていて、中央部が店の入口になっている。といっても、中には4人がけのテーブルが6つほど並んでいるだけで、調理台の裏側の2つのテーブルは常時店の人が座っていたり材料の仕込みをしたりしているので、実質的には4つのテーブルしかない。
 メニューは極めてシンプルだ。麺はセンレク(細麺)、センヤイ(太麺)、バミー(中華麺)、スープはナムサイ(普通のクリアスープ)、ナムトック(生血入りスープ)、トムヤム(辛味スープ)があり、それぞれを組み合わせてタンマダー(普通盛り)かピセート(大盛り)を選ぶだけだ。
 が、ここでのお勧めは、何と言っても「バミー・トムヤム」だ。
 近年のはやりなのか、チェンマイにはものすごい数のクエティオ・トムヤムという看板を掲げている店があるが、スープの味という意味ではこのトムヤムが最も店によって味付けが異なるかもしれない。トムヤムとは本来“酸っぱくて辛い”を意味しており、トムヤム・クンもその中でエビをおいしく食べるための酸っぱさと辛さの組み合わせ、バランスのスープなのだが、このクエティオ・トムヤムのスープでも、このトムヤム・クンの味付けのスープをそのまま使っている店(インスタントラーメンのトムヤム味はほぼすべてがそうなっている)や、それよりも甘さを強調したスープの店が多い。その中で、このティーレックのトムヤムは、酸っぱさも甘さもほとんど感じられず、辛さがひときわ際立っている。見た目にはまったく普通のクリアスープで、上にほんの少し唐辛子がふりかけてあるだけなのだが、辛いものが大好きな自分でもここのスープにはいつもうなってしまうくらいだ。見た目にはまったく辛そうに見えないので、食べる前にテーブルの上にある唐辛子を追加投入して超激辛にしてしまうお客が後を絶たないのか、店の壁には「唐辛子を入れる前にスープの味見をしてください。当店の唐辛子は自家製で非常に辛いです」とわざわざ但し書きを掲げているほどだ。さらに加えて、この店はタイの店には珍しいくらい熱いスープを出してくれるので、それが辛さを増幅させているように思う。トムヤム(酸っぱくて辛い)というよりも、“辛味スープ”と言ったほうがふさわしいかもしれない。
チェンマイ市内北部にある辛味スープ麺の店、ティーレック(2) このスープに合わせるには米の麺は少々力が弱いのか、自分にとってはバミー(中華麺)が最良に思われる。麺はどこからか仕入れて来るのだろうが、非常に縮れていて固く、十分な歯ごたえ(コシとは違うと思う)がある。自分はここでは揚げワンタンとゆで卵がついてきてアクセントになるピセート(大盛り)をいただくのだが、それでも日本のラーメンに比べれば量が少ないので、普通の旅行者ならペロリと食べられるだろう。辛さを和らげるのにとてもいいので、店先に置いてある付け合わせのハーブと生野菜を取って来て麺が出て来るのを待とう。

 チェンマイで、かなりの数の店でクエティオ・トムヤムを食べて来たのだが、このティーレックは独特の味で自分はすっかりハマってしまい、今では1週間に1度は食べないと気が済まないほどになってしまった。が、ここのトムヤムは本当に直接的な辛さなので、誰にでも勧められるものではなく、辛いものが苦手な人は避けたほうがいいと思う。 
 ちなみに、店名のティーレックのティーは中国系の男の子という意味、レックは人の名前らしいのだが、店の中にはそれに該当するような子供は見たことがない。
 お濠の中の市内中心部から歩いて行くのは困難で、バイクや自転車などの自前の足がない場合にはタニン市場までソンテオなどできてそこから5分ほど歩くのが比較的わかりやすいアクセス方法だろうが、わざわざ出向くだけの価値はあると思う。
 とりわけ、辛いものが大好きな人にはお勧めできる麺類の店である。
【2016年10月】

==========

 2017年1月、基本メニューすべての料金がタンマダー(普通盛り)40THB、ピセート(大盛り)50THBに改定された。後者は40THBから25%もの値上げである。
 なお、ナムギヨウ(タイヤイ=シャン族式スープ)は30/40THB、スープ・クラドゥク(骨入りスープ)は30THBとなっている。
【2017年3月】



管理人がタイ各地のホテルを予約する時に使うのはここ
タイ各地のホテルを予約するならAGODA!




HOMEへ レポートを書く TOPへ