チェンマイのレストラン(その他タイ料理の店)


クリット・オーチャー(カーオマンガイ)


場所:サンティタムの5叉路からハサディセヴィー通り方向に伸びる道を10mほど行った左側。逆に同通りから来ると300mほど



チェンマイ市内北西部にあるカーオマンガイの店、クリットオーチャーの外観写真 街の西北部、日本人の長期滞在者も多く住むと言われているサンティタム地区の中心とも言える5叉路のすぐ近くに2006年頃オープンした、カーオマンガイの人気店。店の看板には“サーカー(支店)2”と書かれており、本店はお堀の中の旧市街、3人の王様の像の近くにあるとのことなので、下記キアット・オーチャーのわりと近くかもしれない(場所未確認)。

 店はかなりの敷地を有しており、通りに面して広~い駐車場が取られている。店はその奥にある幅20~30mはあろうかというレンガ造り風の2階建て家屋で、向かって左端がキッチン、中央から右手にかけて4人がけのスチール製のテーブル席が12、6人がけの木製のテーブル席が4席用意されている。レイアウトもゆったりしていて明るく清潔感もあり、外国人旅行者でも安心して食事ができるだろう。
 メニューは、カーオマンガイとカーオマンガイの店ではなぜか必ず売られているムーサテがメインで、これ以外の料理を食べている人は今まで見たことがないのだが、店内に掲げられているメニューボードにはクエティオ(ムー、ガイの2種)、カーオムーデーン(焼き豚のせご飯)、カーオムークローブ(揚げ豚のせご飯)があり、カーオマンガイを含めいずれも25B。飲み物は10種類くらいあり、すべて10Bとなっている。ムーサテは、6本25B、12本50Bだ。なお、カーオマンガイは、皮つきか皮なしかを選択することができる。
 さて、この店のカーオマンガイだが、ご飯は比較的柔らかめに炊きあげられているが、決してベチャッとしているわけではない。また、キアット・オーチャーとの比較で言えば、ご飯につけられている味自体はこちらのほうが薄目に感じられる。自分は、この店では皮なしを頼むことがほとんどなのだが、肉は脂身が完全に取り除かれ非常に厚く切られたものがご飯が見えないくらいのボリュームで乗せられている。脂身がついていないせいか、肉も非常にあっさりとした印象を受ける。脂身の有無については、その人の好みで意見が分かれるかもしれないが、カーオマンガイはタイ料理の中でもとりわけカロリーが高いものとして有名なので、ヘルシー志向の人にはいいかもしれない。タレにはそれほど大きな特徴は見受けられないが、強いて言うと少し塩味が強いかな、というカンジだ。
チェンマイ市内北西部にあるカーオマンガイの店、クリットオーチャーのカーオマンガイの写真 これらのパーツが作り上げるカーオマンガイというひとつの料理としては、非常にバランスがよく、完成度がかなり高い。カーオマンガイは、ご飯、鶏肉、タレ、薬味という数少ない素材を組み合わせただけのシンプルな料理だが、だからこそ素材ひとつひとつの出来ばえ、そしてそれを一体化させた時の料理としてのバランスや完成度をいかに高めているかで、その店のカーオマンガイの評価もハッキリと出てしまう怖さのようなものがある。日本の食べ物屋でも、単純な料理のほうが作り手の腕前や店のレベルがよりよくわかるものだが、タイでもカーオマンガイにはそれに似たことが言えるのではないだろうか。その点では、このクリット・オーチャーは間違いなく合格点を与えられると思う。
 ちなみに、ムーサテはカーオマンガイ同様肉に付けられた下味は比較的控え目であっさりしているが、タレがほかの店に比べてピーナツの風味が強く、特徴を出している。

 すぐ近くに有名なマッサージスクールがあることから白人客なども多く、メニューは英語完備だ。ただし、店員の女の子は全員タイヤイ(シャン人)で英語はできず、タイ語でもちょっと込み入った話をしようとするとうまく通じないことも時たまある(そんな時は店主の中年夫婦に話をするとよい)が、料理数が多いレストランとかではないので、タイ語ができなくても食事を取る分には困るようなこともないだろう。チェンマイでカーオマンガイをわざわざ食べに行こうとするのなら、個人的にはキアット・オーチャーのほうをより強くお勧めするが、例えばカードスワンケーオ(セントラルデパート)にショッピングに来ていて食事をしようと思ったら、中にあるクーポン食堂を利用するくらいならここまで歩いて(10分くらい)食べに来る価値は十分にあると思う。
【2017年4月アップデイト】



管理人が旅に出る時に一番着る回数の多いブランドです
エディー・バウアー・ジャパン ランキング




HOMEへ レポートを書く TOPへ