チェンマイのレストラン(その他タイ料理の店)


Deck1(フュージョン(創作)タイ料理)


場所:チャルンラート通り沿い。ナワラート橋から上流に向かいすぐの左側
住所:1 Charoenrat Rd.
TEL:053-302788
WEBSITE:www.thedeck1.com



チェンマイ市内中心部、ピン川左岸にあるフュージョン料理レストラン、Deck1の店内 ピン川左岸のレストラン街の一番ナワラット橋に近いところに2010年にオープンした高級フュージョン料理レストラン。経営しているのは、チャルンラート通りをはさんで向かいに建つラリジンタ・ウェルネス・スパだ。

 通りから見ると店はかなり横に長く、入口以外は木の壁に覆われている。門をくぐって2~3段階段を昇ると、背の高い草を立てかけた三角枕が置かれたベッドのようなディスプレイがあり、そこを回り込むと外観同様横に細長い店内を見渡すことができる。
 客席はピン川に向かって高低差をつけて2つのエリアに分けられており、直接川に面していない奥まった席からもその流れを眺められるようになっている。席は入口から向かって左2/3ほどがオープンエア、残りが屋根のある屋内となっているが、天気がよければ絶対に前者のほうがいいだろう。
 板張りの床の川沿いの席(おそらく店名のDeckはここを指している)は、ピン川に向かって2人がけのビニール製のモダンなデザインのソファが置かれ、さらに左右に1人がけのイスというコの字型のセッティングになっている。テーブルが大きく、カップルには最適な雰囲気だ。無料でwi-fiが提供されているためか、座っているほとんどの客がバソコンを開いて食事をしており、その様子は一種異様さすら感じさせるが、そのためにテーブルが大きくなっているのかもしれない。普段はオープンエアで、一部の席には大きな布製のパラソルが置かれているほか、雨が降ってくると電動でロールスクリーン状の屋根が張り出してくる。ただし、すべての席を完全に雨から防げる構造にはなっていない。多少の雨なら問題にはならないだろう、といったところだろうか。
 右手奥、間接照明が上手に使われ雰囲気を醸し出している屋内席の突き当たりには壁一面を使った大きなワインセラーがあり、実際多くの客がワインを飲んでいる。

 メニューは、ワインと料理のものの2つに分かれている。前者は英語のみ、後者は一部写真がついたものでタイ語英語併記になっている。ワインはシャルドネ、ソービニヨン・ブラン、ロゼ、スパークリング・ワイン、シャンパンなどに区分けされ、日本のちょっとしたレストランにひけを取らないラインアップだ。フルボトルで安いものだったら600から700B、高いものだと4,000B近くするものまで用意されている。1,000~2,000Bが中心価格帯なので、気軽に頼めるのではないだろうか。
 料理のほうはDeck1 Special、Appetizer、Salad、Soup、Main Courceなどに分かれており、最終ページはベジタリアン料理となっている。Main Courceは何ヶ所かにバラけて紹介されており、少々見にくいのが難点。値段はだいたい180~300Bといったところだ。
 料理はタイでは“フュージョン”と呼ばれているヌーベルキュイジーヌ風タイ料理が中心で、まさにタイ料理と西洋料理のミックスといったところだが、変にこねくり回しているカンジはなく、割となじみやすい味になっており、“へ~っ、この素材でこんな料理を作ることもできるんだ”と感心させられる。コックの料理のプロとしての創造力がいかんなく発揮されている、とでも言えばいいだろうか。
 以下に、食べてみた料理の感想を記す。

チェンマイ市内中心部、ピン川左岸のチャルンラート沿いにあるフュージョン料理レストラン、Deck1の料理*ガイホー・バイトゥーイ……この店のメニューの中では、数少ない(?)普通のタイ料理だ。ただし、鶏肉、バイトゥーイの葉ともかなりいいものが使われており、普通のレストランとはやはり一線を画している。特に鶏肉につけられている下味が、ちょっと濃い目でありながらくどくはない絶妙な加減でとてもよい
*ガイトート・サムンプライ……“3種のハーブのカリカリ揚げ”という近年非常にポピュラーになった料理だが、普通であれば魚を使うところを、この店では鶏肉で作っている。ハーブの大きさや細切のしかたなどが揃っていてベースになる鶏肉との量のバランスも、考えられており、それゆえ非常に美しい盛りつけになっていて上品な印象を受ける
*ダックのヤム……スライスされたローストダックに揚げた中華緬を乗せ、上からバルサミコソースがかけられている。バルサミコソースのせいでタイ料理っぽさは感じられないが、肉の柔らかな食感と揚げた中華麺の食感がいいコントラストを作り出している
*サーモンのグリル・ワカメソース(Crisp Salmon And Wasabi Mashed Potato With Wakame Sauce)……皿の底にマッシュポテトを敷き、その上に大ぶりの鮭を乗せ周囲にクリームソースを回しかけている。名前にあるわさび入りのマッシュドポテトは、言われないとわさびが入っていることに気がつかない人も多いのではないだろうか。また、ソースのワカメの風味はクリームソースが少し重たいせいで消されてしまっている。全体的な仕上がりは悪くないのだが、どちらかというと東京の下町の洋食屋の料理のようだ
*コンニャク入りシーフードのヤム……この1~2年タイでも見かけるようになってきた(ダイエット食品として人気があるらしい)コンニャクをウンセン(春雨)のように使った珍しい料理だが、ヤムとして非常にエッジの立ったシャープな味わいで好感が持てる
*3種のキノコのトムヤム……具としてはクン(エビ)やプラー(魚)が一般的だが、ここではそれをキノコだけを使っている。フクロ茸は普通のトムヤムでも入っているがそれ以外に2種類、名前はわからないが小ぶりのしいたけのようなものと細長くて白いキノコが入っている。キノコ自体にそれほど強い風味があるわけではなく、どちらかというと食感を楽しむのかもしれないが、ココナツミルクの入らないクリアタイプのスープが大変上品な味に仕上がっていて絶品だ。ここまで洗練された出来ばえのトムヤムにはそうそう出会えるものではない。個人的にはこの店イチオシの料理だ
*ポピア・クントート……フュージョン料理のレストランでは定番とも言えるメニューで、エビの身をまるごと1尾春巻の皮で巻いて揚げ、カクテルグラスに立てかけるように置いて供される。皮のパリパリ感、エビのプリプリ感と2つの食感を楽しむ料理で見た目にも楽しい。辛いものが苦手な人には、特にお勧めできる
*スパゲティサイウア……この店で、一番ヘ~ッと驚かされた料理だ。スパゲティとサイウアを合わせるというアイディアは、誰が考えついたのだろうか。写真では、クリームソースのスパゲティの上にサイウアをただ乗せただけのように見えてしまうが、ソースにはサイウアをすり潰して練り込んであり、さらにミートソースの具のように細かく刻んだサイウアをパスタの上に乗せてある、とても手の込んだ作りになっている。“サイウアにもこういう食べ方があったのか”と、新たな発見をさせてくれる大変楽しい一品だ

 どの料理も、基本的には上品であっさりとした味付けで、器もそれに合わせて真っ白なものが多く、中には船をかたどったものが使われているなど、こじゃれていて楽しい。単純なタイ料理ではなく、少し志向の変わった料理を食べてみたい時とか普通のタイ料理には飽きた時などには、特にお勧めできると思う。

 チェンマイには、このところフュージョン料理レストランを標榜する店が続々とオープンしているある。中には、バンコクから鳴り物入りで進出してきたがあっという間に閉店してしまったマハーナーガのような店もあるが、このDeck1はロケーション的にも非常に恵まれており、地元のタイ人だけでなく観光客にも行きやすく、またホテルが経営しているということもあり、おそらく資本的にもしっかりしていると思われる。店の名刺に“The Exotic Scene&cuisine”と書かれているが、そのキャッチコピーに違わぬ大変珍しい、というかユニークな店内の造りと料理で、どのくらい人気が保てるのか、個人的にはとても興味のあるところだ。
 余談だが、このレストランはリバーサイドでは(たぶん)珍しく、朝食から営業している。もしかしたら、ホテルに宿泊すると朝ごはんはここで、ということになっているのかもしれない。川沿いの席は人気が高いので、特に週末の夜などは予約したほうがよいとのこと。
【2011年5月】



航空会社予約コンピュータと直結、空席確認から予約完了までその場で完結!




HOMEへ レポートを書く TOPへ