チェンマイのレストラン(タイ料理以外の店)



ジャスミン(高級広東料理・飲茶)


場所:チャーンクラーン通り、ドゥシット・プリンセス・チェンマイ・ホテル(旧:ロイヤル・プリンセス・ホテル)2階。



チェンマイ市内中心部にあるロイヤルプリンセスホテルの中にある飲茶の店、ジャスミンの飲茶の写真 ナイトバザールのど真ん中に立つドゥシット・プリンセス・チェンマイ・ホテル(旧ロイヤル・プリンセス・ホテル)の2階にある高級中華料理店。高級ホテルの中の店らしく、料理の味そのものはもちろんのこと、インテリアなどの雰囲気や店員のサービスも非常に洗練されていて、実に優雅なひとときを過ごすことができる。
 広東料理がメインで、フカヒレや鴨のローストをはじめとする一品料理も数多く取り揃えているが、何と言ってもここのお勧めは昼の飲茶だ。鮮やかな色のチャイナ・ドレスに身を包んだ店員に案内されて席につくと、まずは飲み物を何にするか聞かれる。その後すぐに、前菜なのか本日のスペシャル料理なのかよくわからないが、店員が2~3種類の点心を見せてくれるので、適当にチョイスしてつまんでいると、ほどなく本格的な飲茶が始まる。点心は、ワゴンではなくトレイを持った店員によって運ばれてくるのが少々残念だが、蒸篭の中には色とりどりの料理が入れられ、どれもが“私を食べて!”と言っているようだ。ホテル内のレストランなので店員も完璧な英語を話し、「これはエビ餃子、これは湯葉と揚げ豆腐と豚挽き肉を3段重ねにした焼売……」とひとつづつ丁寧に説明してくれるので、それを聞きながらゆっくりと好みの点心を選ぶことができる。料理はどれも大変上品な味付けでレベルが高いが、特に「カスタードまん」は、とろけるようになめらかでアツアツのクリームが絶品で、特筆に値すると思う。
 点心は、30B均一。お茶は1人15Bで飲み放題(ともに税・サ別)。なるべくなら大人数で行って、さまざまな種類の点心をワイワイ言いながらつまむ方が楽しいだろう。
【2015年12月アップデイト】



ナイトバザールのど真ん中でロケーション抜群の「ドゥシット・プリンセス・チェンマイ・ホテル(旧ロイヤル・プリンセス・ホテル)」について




HOMEへ レポートを書く TOPへ