チェンマイのレストラン(タイ料理以外の店)



ヤンツージャン[揚子江](高級広東料理・飲茶)


住所:10 Nimmanhamin Soi 5
TEL:053-225313



チェンマイ市内北西部にある高級広東料理&飲茶レストラン、ヤンツージャン(揚子江)の外観写真 もともはナイトバザール近くのモール、チャーンクラーン・プラザで開業し、現在はチェンマイランドに移転した香港料理のメイ・ジアン(メイはさんずいに眉、江)が、ニマーンヘミン通りのソイ5を50mほど入ったところに2008年2月に新たにオープンした高級広東料理&飲茶のレストラン。ローマ字表記だと「Yangzi Jiang」となるが、ziは“ツー”と読むらしいので、カタカナ表記は「ヤンツージャン」とした。

 ソイから見ると、広い敷地の中に白い壁の一軒家がライトアップされて浮かび上がるようにポツンと建っている。聞くところによると、もともとはアメリカ大使か何かの住居だったそうで、入口に看板がなく駐車場に車が何台も止まっていなければ、そこがレストランとは気がつかないだろう。建物の一方には、台湾に現存する日本統治時代に造られた大型建造物によく見られるような、いくつもの半円のアーチ状の外壁がやはりライトアップされており非常に印象的だ。
 一軒家を改造して店としているので、席数は同じ中華料理のチアトンヘン(謝桐興)のように多くはない。建てられた時から変わらないのであろうガラスがはめられた木製ドアを開けて中に入ると、その先に5~6席と奥に個室が設けられている。2階にもほぼ1階と同じ広さと思われるスベースがあるが、2008年9月現在、まだオープンしていないそうだ。また、それとは別に、1階の建物の外のテラスにも3席くらいテーブルが置かれている。
 店内は極めてシンプル。白い壁に中国風の絵画や“楽”“忍”など漢字一文字だけの書の額がところどころに掛けられている程度で、テーブルやイスも飾り気のないベーシックなものが使われている。店員は、全員赤いチャイナドレスを身にまとっている。人数は結構いて、お茶などは年中差し替えてくれたりはするのだが、動き方にイマイチ連動性がないというか、手際が悪いというか……店の雰囲気などと比較すると、今一歩という印象を受ける。

 席につくと、店の特製料理だけを集めた小さなものと、一般的な料理を載せた通常料理(?)の2種類のメニューが手渡される。料理は英語、タイ語、中国語が併記されており、日本でも比較的なじみのあるものが多く、また種類も膨大ということはないのでチョイスにそれほど困ることはないだろう。料理の値段は、だいたい100~300Bといったところであろうか。タイの物価からすると決して安いとは言えないが、この雰囲気や日本で食べることを考えたら激安だと言ってもよい。また、さらに、別のペラ紙に記載されたデザートのメニューも用意されている。約20種類が載っており、高級店だけあって手間のかかるスイートなども見受けられる。こちらは、だいたい60~100Bといったところだ。ドリンクも、アルコール類は一通り揃っているほか、中国茶もウーロン茶かジャスミンティーが選べる。見ていると、お酒を飲んでいる人は少なく、中国茶をオーダーしている人のほうが多いように見受けられる。

チェンマイ市内北西部にある高級広東料理&飲茶レストラン、ヤンツージャン(揚子江)のペキンダックの写真 料理の味は、全体的に日本の中華料理レストランのそれに近く、比較的口になじみやすいカンジがする。
 個人的な一番のお勧めはペキンダックで、日本とまったく同じスタイルで皮だけを大きな皿に並べ、タレとネギ、それらを包むための皮(薄餅)が一緒に出される。日本では、高級中華料理店でも一切れ二切れだけ出されることが多いが、ここでは一皿に20切れくらい盛られてくるので、少人数で行ったら結構途中で飽きてきてしまうくらい食べられるだろう。またここでは、日本以外の国ではたいていそうなのだが、これをオーダーすると、肉を別に調理して出してくれる。調理法は、スイート&サワー(酢豚風)か、黒胡椒炒めのいずれかを選択することができるほか、そぼろ風に炒めたものがレタス(肉を巻いて食べる)とともに出されるが、こちらについては特に何も店員から聞かれなかったので、デフォルトで付いてくるのかもしれない。ちなみに黒胡椒炒めは、ニンジン、タマネギ、ニンニク、ビーマンなどと一緒に炒めて出されるが、なかなかいい味を出している。
 このペキンダック、この3種類の料理すべてで750Bとタイの物価を考えるとうなってしまうような値段だが、それだけのことはあると言える。
 ほかに個人的に気に入った料理としては、近年タイでもよく見かけるようになったタラを大変上品な味付けで仕上げてあるタラの清蒸、鮭をほぐしたものをメインにした具を入れて揚げたものにマヨネーズをつけていただくサーモン・スブリングロール(鮭の春巻)、焼き豚やエビがたくさん入った比較的あっさりした味付けで日本人好みと言える揚州炒飯などをあげることができる。
 逆に料理名を失念してしまったが、カニ肉にカレーの風味をつけ湯葉で巻き揚げたカニクリームコロッケのようなカンジものは、パリッとしたカンジに揚がっておらず、ちょっと残念だった。
 また、デザートで特筆すべき一品はゴマ団子だ。ゴマあんをもっちりとした皮で包んで蒸した(?)ものにおそらく白ゴマを粉末状にしたものがまぶしてあり、日本でよく出てくる揚げたものとは異なる。油で揚げていないぶんくどさがなく、手の込んだ非常に繊細な仕上がりになっており、ぜひオーダーしてほしいと思わせるものであった。マンゴープリンも食べてみたが、まあこちらは特に何かうなるようなものはなかった(量は多い)。
 料理とは直接関係ないが、難点は箸にメチャクチャ滑りやすい塗り箸を使っていることで、一度料理によってはみんなでツルツルやってしまい、大笑いになったことがある。まあ、笑いがこぼれて会話のネタにはなるかもしれないが……。
 また、ランチタイムは飲茶もやっているようだ(一度夜行った時、間違って飲茶のメニューを出されわかった)。自分はまだ行ったことがないので味のことなど詳細についてははわからないが、夜の料理のレベルからするとかなり期待できるのではないだろうか。そのかわり、メニューを見たカンジではかなりいい値段していたが……。

 最近、ニマーンヘミン通りのカフェレストランなどでは、点心の写真の入った広告を道路に出している店が非常に多くなったような気がするが、本格的な中華料理を食べさせる店は自分はほかに知らない。建物の雰囲気、料理のレベルなどを含めて、今のチェンマイを代表する中華料理レストランにこれからなっても不思議ではないと思う。
 営業時間は、11:30~14:30、18:00~22:00。
【2015年12月アップデイト】

==========

 ヤンツージャン(揚子江)でチェンマイ大学の知人達と夕食を共にしました。
 料理は結構あっさりしていて美味でした。
 お酒はビールだけで、老酒、ワインはありませんでした。
 デザートも豊富でマンゴプリンは美味しかったようです。
【waterさんのレポート。2009年4月】



誰と行くか、目的・テーマなどでもツアーを検索できる




HOMEへ レポートを書く TOPへ