チェンマイのレストラン(チェンマイ(北タイ)料理の味わえる店)



ザ・グッド・ビュー(高級北タイ&タイ・西洋料理)


場所:ナラワット橋からチャルンラート通りを北に200mほど行った左手。「ザ・リバーサイド」レストランの先、「ザ・ギャラリー」の手前



チェンマイ市内中心部、ピン川沿いにあるレストラン、ザグッドビュー(本店)の店内 ザ・リバーサイド、ザ・ギャラリーと並ぶ、川沿いレストラン御三家のひとつだが、なぜか外人は両隣の2軒に固まっている。しかし、地元のタイ人で「3軒の中では一番おいしい」という人も多い。
 店内に入ると、すぐに制服を着た店員がやって来て席まで案内してくれる。中はとても広々としており、川に面した雰囲気満点の席から、バンド演奏が間近に聞ける室内の席、さらにはカウンター・バーと好みに応じて選ぶことができる。
 メニューはもちろん英語付きで、店員の多くも英語をしゃべる。両脇の2軒同様タイ料理から西洋料理まで何でもあるが、チェンマイ料理も豊富に揃っている。味は外人向けに多少食べやすくアレンジされているカンジだが、レベルは高いと思う。トムヤムなどの一般的なタイ料理も結構イケる。
 予算的には、飲み物別で2人で行って500Bといったところか。チェンマイでは高い部類に入るが、それだけの価値はあると思う。
【2004年1月アップデイト&写真追加】

==========

≪ザ・グッド・ビュー2号店開店!≫

チェンマイ南西部郊外に2015年にオープンしたパブレストラン、ザ・グッドビュー(2号店) ザ・グッド・ビューに2号店ができた。
 場所は、クローンチョンプラターン通りと第1環状道路(国道3029号線)との交差点から後者を100mほど東に行った右側、ビッグCハーンドーン店のある国道108と第1環状道路との交差点からだと2.5kmほどだが、クローンチョンプラターン通りとの交差点でUターンして戻らなければならない。
 この2号店のオープンで、本店は「ピン・リバー・ビュー」、こちらの2号店は「ドーイ・ステープ・ビュー」というサブネームによって区分されるようになったようだ。
 道路から店の建物までは100mはあろうかという広大な土地に造られているが、週末は駐車場がいっぱいになるほどにぎわっている。
 営業時間は17時から25時。なお、公共交通機関で行ける場所ではないので、もし行くのであれば必ず帰りの足を確保すること。
【2015年9月】

==========

 3泊4日で4回チェンマイでディナーをとったなかグッドビューレストランに2回行きました。
 ギャラリーのほうがお洒落ですが、メニューが豊富で美味しいのはギャラリーではなくグッドビューのようです。
 トムヤムクンがお鍋ででてきてぷりぷりの海老が沢山入っていてとても美味しかったです。
 客層は圧倒的にタイ人が多く、私達はメニューが良くわからずカオパット、パッタイ、トムヤムクンなど一般的なタイ料理とインターナショナルフードをオーダーしましたがタイ人は何と言う名前の料理なのか美味しそうなシーフードを沢山オーダーしていました。
 川は見事などぶ色なので日が沈んでから行くほうが良いと思います。
 帰りはこのあたりはトゥクトゥクが待機しているので風にあたりながらホテルまで戻るのも気持ちが良かったです。
 川沿いの席は予約必須です。
【YouchanKenchanさんのレポート。2011年1月】

==========

 ピン川沿いレストラン御三家の真ん中。予約して、ステージから一番遠い川沿いの席を確保しました。19時過ぎに店に行くとライブ演奏が始まり、9割がた席が埋まっていて大盛況です。欧米の客が半分、地元の客が半分ぐらい。日本人は見かけませんでした。
 ブロッコリーの炒め物、Deep flied fish with sea food toppingを注文しました。店員さんは、皆さん英語が堪能です。料理の運ばれる順番とタイミングがほどよく、暖かいものを暖かいうちに食すことができました。とてもおいしいです。この店は友達にも推薦できます。
 僕ら夫婦が行った日は20時半頃だったと思いますが、ピン川対岸で花火が始まりました。ナイヤガラが水面に反射して美しいですし、後半は打ち上げ花火が上がり、頭上で火花が広がります。これには家内も大喜びでした。川沿いの席で、屋根のない席を予約したことが結果的に正解だったと思います。この店は90点です。
【Mr.Yangさんのレポート。2006年3月】



タイ料理に関する本や現地レストランガイドブックを一発で探す




HOMEへ レポートを書く TOPへ