チェンマイのレストラン(チェンマイ(北タイ)料理の味わえる店)



フアン・スンタリー・ヴィチャノーン(北タイフォークライブレストラン)


場所:市の北部郊外のパーターンと呼ばれる地域にある。市内中心部からだと、ピン川右岸を走るワンシンカム通りを北上する。スーパーハイウェイを過ぎると道はパーターン通りと名前を変えるが、そのまま3kmほど行った右手。




チェンマイ北部郊外にある北タイフォークライブレストラン、フアンスンタリーヴィチャノーンの店内写真

 ピン川沿いのレストランというと、このコーナーでも紹介しているように、一般的にはナワラット橋からやや上流のピン川左岸に位置している店をさすことが多いのだが、右岸側にもすばらしいレストランがいくつかある。そのひとつが、この「フアン・スンタリー・ヴィチャノーン」だ。もともとは市内北部のラマ9世橋の近くにあったのだが2006年9月に上記の場所に移転した(旧店の様子はこちら)。
 「フアン」はカム・ムアン(チェンマイ語)で“家”という意味を表し、「スンタリー・ヴィチャノーン」はオーナーの名前である。スンタリー・ヴィチャノーンは、北タイのみならずタイ人の多くが知っていると言われるくらい有名な、チェンマイの北100kmほどのところにあるファーン出身の歌手で「サーオ・チェンマイ(チェンマイ娘)」という、チェンマイの女性とビルマの男性の悲恋物語を歌った楽曲が代表作だ。また、最近では後述の通り、北タイフォークソングを現代風にアレンジした曲で立て続けに大ヒットを飛ばし、今や超人気シンガーとなっているランナーカミンのお母さんとしても知られている。

 移転した新店は市の郊外にあり、店の周囲は夜行くとほとんど真っ暗だが、駐車場に止まりきれなかった車がパーターン通りにまであふれていることも多いので、すぐにわかるだろう。通り沿いに出ている、スンタリー・ヴィチャノーンさんのシルエットをモチーフにした赤い看板が目印だ。通りから店の敷地に入ると広い駐車場になっており、建物はその奥に位置している。店内に入ったすぐのところはウエイティングスペースのようになっておりみやげ物などを販売していて、その先が客席に向かう通路になっている。両側の壁には、スンタリー・ヴィチャノーンさんやラーンナーカミンさんのポスター、昔のチェンマイの写真などが飾られており、客の目を楽しませてくれる。客席は2階建ての巨大な建物になっており、上下合わせて50席以上はあるだろうか。大小の灯篭が天井から吊り下げられていて雰囲気を醸し出している。ステージは向かって右手の2階に作られており、客席はその正面の2階および突きあたりの1階部分の川沿いに設けられている。後者からだとステージを横から見上げるような形になってしまうので、スンタリー・ヴィチャノーンさんの歌を楽しむのなら、2階に席を取る(おそらく予約しないと確保するのは難しいだろう。また、トイレがないので下に降りなければならないのが難点)のがベストだと言える。

 新しい店のメニューは以前よりも凝ったデザインの美しいものに変わった。Fast Dishes、Northern Thai Dishes、Special Dishes、Fish Dishes、Soup、Stair-Fried Dishes、Fried Dishes、Grilled-Baked、Salad Dishes、Seasonal Dishes、Som-tam、Thai Vegetarianなどのコーナーに分かれており、英語の説明もある。店員もよく教育されており、質問などにも結構ていねいに答えてくれるので(ただし英語がどの程度できるのかは不明)、相談しながらメニューを決めるのもいいと思う。料理の値段は、一部を除けば平均70~80Bといったところだろうか。
チェンマイ北部郊外にある北タイフォークライブレストラン、フアンスンタリーヴィチャノーンでのスンタリーヴィチャノーンさんのステージ写真 実は、店がここに移転するにあたって、多くの従業員が通うのが大変になるという理由で辞めてしまったそうで、コックもほとんどが入れ替わってしまったため、味が変わってしまったという評判がある。移転以来、自分は行くたびにそれを検証しようと旧店で食べたことのあるものをオーダーしているのだが、一番残念だったのは、この店で一番おいしいと思っていた、というか、タイでこれほどおいしいのを食べたことがなかったガイホーバイトーイ(鶏肉のバイトーイの葉包み)がまったく別の料理になってしまったことだ。旧店のものは、細かく刻まれたバイトーイが鶏肉にまぶされ、その焼き加減といい口に入れた瞬間に思わずほほが緩んでしまうような絶妙の味を出していたのだが、新店ではほかのレストランと同じように肉を大きな葉で包む(ホーは“包む”という意味なので、料理名からするとこちらの方が正統派なのだが)普通の料理になってしまっている。しかし、だからと言って決してまずくなってしまったわけではなく、十分普通の店以上のレベルの高さを保っているのは間違いないのだが……。そのほかの料理も評判ほど味が変わったとは感じられず、ラープコア(コアは“炒る”という意味で、家を建てたとか結婚とかお祝いごとがあった時によく食べる北タイ風の豚肉のラープ)、ゲーンケーゴップ(カエルのゲーン)、トムクローンプラークローブ(日干しした魚をベースにした、非常にスパイシーなスープ)、パットヌアナムマンホーイ(牛肉のオイスターソース炒め)など、いずれも非常にいい味を出している。

 しかし、このレストランの最大の魅力は、何と言っても店のオーナーである彼女、スンタリー・ヴィチャノーンさんのステージであろう。日曜を除く毎日21時すぎから行われているそのステージは、アコースティックギター(ギタリストの腕前もかなりものだ)だけをバックに従えた、北タイ方言のフォークソングといったカンジの歌を中心に構成されている。ちょっと鼻にかかったような独特の声で、時には涙を流しながら情感たっぷりに歌い上げる彼女のステージは、ほかのリバーサイドのレストランやパブに出演しているアーチストたちのものとはまったく一線を画しており、まさに「アート」と呼ぶにふさわしいだけのレベルに達していると思う。自分は仕事柄、テレビ局などに出入りすることも多いのだが、旬のタレントや名前のある役者には、たいてい言葉では表現するのが難しい“オーラ”のようなものが出ていて、遠くからでもすぐにその存在がわかる。スンタリー・ヴィチャノーンもそうした“オーラ”をステージ上から発しており、それが彼女の歌を通して観客に伝わってきて、その結果現在のような名声を得ているのではないだろうか。北タイ方言の歌がほとんどなので、タイ語ができても歌詞がよくわからないのが残念なのだが、それでも歌に込められた気持ちのようなものは十分伝わってきて、一聴に値すると思う。なお、彼女のCDやカセット、そしてレストランで出している料理のレシピの載せた本などは、店内で販売しているのでお土産として入手することも可能だ。
【2016年1月写真追加】

==========

スンタリーヴィチャノーンさんの娘さん、ラーンナーカミンのCDの写真 2004年夏、“サワディーチャオ”という曲をはじめとして、いくつかの北タイフォークソングを現代風にアレンジした曲をフューチャーしたアルバム(写真)が、タイのヒットチャートでNO.1を獲得しているランナー・カミンという歌手は、スンタリー・ヴィチャノーンさんの実の娘さんである(顔がソックリ)。
 娘さんが一躍スターになったことで、お母さんのスンタリー・ヴィチャノーンさんも大変忙しくなってしまったようで(テレビに親子で出演したりしている)、クルンテープ(バンコク)などに出かけることが多くなっており、この店の一番の売り物である彼女のステージが見られないこともあるようだ。もし、この店に行くつもりなら、事前に電話などでステージがあるかどうかを確認してからにしたほうがいいかもしれない。
【2004年9月】



タイのレンタカーはバジェットで決まり!




HOMEへ レポートを書く TOPへ