チェンマイのレストラン(チェンマイ(北タイ)料理の味わえる店)



トーン(一般北タイ料理)


場所:ニマーンヘミン通りソイ13を入って150~200mほど行った左手
TEL:053-89470



チェンマイ市内北西部ニマーンヘミン通りにあるレストラン、トーン チェンマイで今最もオシャレなエリアと言われているニマーンヘミン通りにある、民家を改造した北タイ料理中心の人気レストラン。
 元々あった民家は高級住宅というわけではなく、少し大きめではあるがごく一般的な造りだ。夜はライトアップなどがなされ多少雰囲気を演出しているが、日中行くとパラソルが置かれている少し大きめの食堂といった印象で気取ったところはまったく感じられない。

 席は、通りから店の敷地に入った前庭のオープンエアの席が10ほど、家の1階部分に10席ほど、さらに実際に見てはいないが、家の奧にもテーブルが作られているそうだ。前庭の中央付近には水場も造られており、涼しげな水音が耳に心地よい。また、店に入って左手には、2010年にバーカウンターのようなものも新たに造られた。
 場所柄外人の客も多いのだろう、メニューはタイ語・英語併記となっている。以前は、ペラ紙に印刷された日本語のメニューもあったのだが、残念ながら現在は使われてないようだ。北タイ料理も豊富に揃っているほか、一般タイ料理も多数あり、一品の量もそれほど多くはないので、色々な料理を注文してみるといいだろう。
 料理の値段は値段は安いものは20Bくらいからあり、高い魚料理でも200Bくらいと、店のロケーションや雰囲気からするととてもリーズナブルな印象を受ける。

 料理は、突出したような出来ばえ、というものにはあたったことは正直言ってまだないが、どれも基本はキチッと押さえられており、タイ料理に慣れていない観光客でも、詳しいリピーターの人でも満足できるレベルに達していると思う。盛り付けも凝ってはいないが、シンプルな白の器が使われ、こじゃれたカンジを演出している。
 印象に残った料理としては、店のオリジナルのケーンチュート(中華風クリアスープ)のゲーンチューットトーン、鷄手羽肉のナムプラー漬けを揚げたピークガイトートナムプラー、ここの名物料理だという揚げたソムタムのソムタムトート(店の創作料理なのかどうかはわからないが、ほかではお目にかかったことがない)、独特の酸味のあるタマリンドの葉が何とも言えないいい味を作り出しているヤム(タイ風サラダ)のヤムヨートマプラーオ、揚げた豚肉にナムプリックパオを添えてあるチントートなどがあげられる。
 一品の料理の量はそれほど多くはないので、少人数でも色々な種類を楽しむことができるだろう。

 ニマーンヘミン通りにあるにしては、それほど高級感もなく、料理の値段も庶民的で気軽に利用できる。
 また、この店はランチで、上述のソムタムトートのほか、夜にはない店オリジナルの料理も楽しめるらしいので、興味があれば昼と夜、双方に行ってみるといいかもしれない。
 営業時間は11:00~23:00で無休となっている。
【2011年2月】



チェンマイのデコボコ舗装路を歩いてもぜんぜん苦にならない!
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ




HOMEへ レポートを書く TOPへ