ロングステイ(長期滞在)関連情報

TM-30の届け出を行う


≪注≫
*当該手続きのために必要となる書類、プロセスなどについては予告なく変更されますので、必ずイミグレーション・オフィスで最新情報を確認してください。


ロングステイヤーがイミグレに届出なければならないTM-30の半券 2016年中ごろから、ビザ更新のための必須手続きとして新たにTM-30という書類を用いた届出が必要となった。
 「新たに」と書いたが、実際にはこのTM-30の届け出というのは1979年に入国法第38条として定められており、これまでは法はあるものの運用されていなかったのだが、それをプラユット軍事政権が厳格に適用したということのようだ。また「届出」としたが、このTM-30の届出というのは本来は我々のようなビザを取得した外国人が行うのではなく、外国人に住居を賃貸している家主が行うものである(TM-30の正式名称は「Notification From For House-Master,Owner Or The Possesssor Of The Residence Where Alien Has Stayed」)。
 しかしながら、家主がそれをキチンと行った、という証明のようなものを外国人が持っていないとビザを更新することができないということで、我々も手続きが必要になっている。
 2016年11月に在チェンマイ日本総領事館から送付されたメールによれば

======

【タイへ無査証で入国・滞在が認められた方、短期滞在ビザ取得し入国された方及び長期滞在ビザで滞在されている方】
(1)ビザ更新を行うためには、外国人を宿泊させた場合の届け出(TM.30、ホテル、アパート、ハウスのオーナー等が下記に示す書類を準備し申請)が必要です。ビザ更新の際はパスポートにこの届け出が行われたことを裏付ける半券が貼付されておりませんと、申請が行えない上、罰金の対象となりますのでご注意下さい。
TM.30届出に必要な書類
a.家主の住居登録証のコピー
b.家主のI.D.カードのコピー
c.外国人の入国カード・パースポートのコピー(写真・記載事項、現在のビザ、入国印があるページ)
※上記の書類はそれぞれ本人のサインが必要です。
※ホテル、ゲストハウス等によるオンライン届出の場合、オンライン届出書類をプリントアウトしa.とb.のかわりにご使用下さい。
(2)オーナー等から登録がされている方で半券をお持ちでない方は、入国管理局届け出窓口において、宿泊の届出データーが確認出来れば、窓口で半券が交付される取扱いとなっております。ビザの更新の際は、必ず半券を準備下さい。

【1回目の登録データが記録され、再入国された場合】
 2回目以降は、住所の変更(届け出)がない限り、大家等の書類が不要となり、借家人(滞在者)本人がアップデートの手続きを行うことで、新しい半券の交付を入管より受けられます。

======

とのことである。



 文章だと少々わかりにくいが、プロセスを簡単にまとめると、
1.大家がイミグレーション・オフィスへ外国人を宿泊させていることを届出
2.届出を受け付けた旨が記された半券のコピーを大家から受け取る
3.イミグレーション・オフィスに出向き、自分用の届出がされている旨記された半券を受領
4.以降、タイを出国して再入国するたびにイミグレーション・オフィスに届出
ということになる。
 自分は現在1~3までを実際に行ったので、その体験を以下に記すことにする。4については行い次第、追加でアップデイトしていきたい。

ロングステイヤーがTM-30を届け出るイミグレーション・オフィスのブース1.大家がイミグレーション・オフィスへ外国人を宿泊させていることを届出
 大家に届出をしてもらうためには、こちらのパスポートの写真、記載事項、ビザ、入国スタンプ、および出国カードのコピーが必要になるので、まずはそれを用意して大家に渡す。それぞれのページのコピーにサインが必要なので忘れずに。
 大家はTM-30の届出用紙に必要事項を記入して、上記コピーに加え大家の住居登録証とIDカードのコピーを持ってイミグレーション・オフィスで手続きをする。自分は今の借家に住み始めて3年近くになるが、そのまま大家が届出に行くと罰金を支払わなければならずそれがいやだ(笑)ということで、借家の契約更新のタイミングまで待ってイミグレーション・オフィスに出向き、更新の契約書をもって新たに店子を迎え入れたということにして罰金を逃れようとしたのだが、イミグレーション・オフィスの係官がパソコンを叩いて「あ~、もう前からこの家を貸してますよね。はい、罰金」とあっさり言葉を返されてしまい、1,700THBを支払ったそうだ。
2.届出を受け付けた旨が記された半券のコピーを大家から受け取る
 上記手続きが終わると、大家に届出を済ませた旨記載された半券が手渡されるのでそのコピーを大家からもらう。
3.イミグレーション・オフィスに出向き、自分用の届出がされている旨記された半券を受領
 自分は、大家が届出をした時はタイ国外にいたので、正式にはどういうタイミングでイミグレーション・オフィスに行って届出しなければならないのかわからないが、在チェンマイ日本総領事館から送付されたメールにある「1回目の登録データが記録され、再入国された場合」には、タイ再入国後24時間以内に届け出なければならない、という決まりがあるらしい。自分はバンコクで入国・滞在していたため24時間以内というのは不可能だったのだが、英語の掲示板とかを見るとだいたい1週間以内くらいであればだいじょうぶ、という書き込みがあったので、チェンマイに戻った当日に大家から半券のコピーを受け取りそのままイミグレーション・オフィスへと向かった。
 TM-30の届出を行うのは、ビザ更新手続きや90日レポート提出を行う地階ではなく、3階(ビルの表記は2nd Floor)の隣の建物とを結ぶ連絡橋出入口のすぐそばにあるオフィスになる。中に入るとすぐ左手がTM-30の手続きカウンターで、右手には番号札が置かれているのでそれを取って待つことになるのだが、自分が行った15時頃は待っている人が誰もいなかったようで、番号札を取って振り返ったら係官の女性が手招きしてイスに座るように言われた。パスポートと大家から受け取った半券のコピーを提出すると、係官はパソコンを叩いて「住所は***ですね」と言って来たので「はい、そうです」と答えると再びパソコンを叩いて1枚の紙をプリントアウトし「はい、終了です」と紙をくれた。
 何か専用の申請用紙や、書類へのサインなど一切不要で、オフィスに入ってから手続きが完了するまで5分もかからなかった。

 今まで、自分は90日レポート提出の回避を兼ねて3カ月に1回タイ国外へ旅行に出かけていたのだが、このTM-30が厳格適用されたためいずれにしてもイミグレーション・オフィスに出向かなければならなくなった。今後は、90日レポートを提出するかTM-30を届け出るか、その都度考えなければならないのかもしれない。
 なお、外国人がコンドミニアムなどを自己名義で所有しそこに住んでいる場合は、大家と店子双方がやるべきすべての手続きをしなければならないらしい。
【2017年7月】


荷物・住所・発送方法・日程を自由に指定。好きなタイミングで発送




HOMEへ レポートを書く TOPへ