ロングステイ(長期滞在)関連情報

パスポートの切替発給を受ける


≪注≫
パスポートの切替発給を受けるための必要書類、手続き方法などについては予告なく変更されますので、必ず当該官庁にて最新情報を確認してください。


チェンマイの日本国総領事館で切替発給を受ける前後のパスポート 日本にベースがあって年に数回海外旅行に行く程度、というかつての自分のような人であればパスポートの発給は日本の居住地で受けるのが普通だろう。しかし、チェンマイに基盤を移して生活していると、パスポートの有効期限が来たからといってわざわざ日本に帰国して手続するというのは現実的ではない。
 また、日本大使館からのメルマガ(下記参照)によれば、日本で新しくパスポートを取得してタイに戻ってくると、旧パスポートで取得したリタイヤメント・ビザが無効になってしまうケースもあるようなので、そうした余計なトラブルに巻き込まれないためにも、日本での手続きは避けたほうがよいだろう。
 在外の日本大使館・領事館では、現地に居住する日本人のためにさまざまな便宜を提供しているが、そのうちのひとつがパスポートの切替発給である。
 パスポートの切替発給が受けられる要件はいくつかあるが、そのうちのひとつに「有効期間が1年未満である」というのがある。リヤイヤメント・ビザは通常1年間滞在可能のものがタイのイミグレーション・オフィスで取得できるのだが、パスポートの有効期間が1年未満の場合はパスポートの有効期限までしかもらえない。そのため、もし自分の持っているパスポートの有効期間が1年を切ったのであれば早めに切替発給を受けてリタイヤメント・ビザを新しいパスポートに移し替えておき、次のビザ更新に備えておくほうがよい。
 なお、パスポートの切替発給の詳細については、在タイ日本国大使館のウェブサイトに記載されている。

≪準備するもの≫

*一般旅券発給申請書
*写真……2枚(タテ4.5cm*ヨコ3.5cm)
*現有しているパスポート
*費用……4,710THB(10年用)

≪発給の流れ≫

 総領事館のオフィスの中に入ると一番右奥に一般旅券発給申請書が置かれているので、デスクに掲示されている見本を見ながら必要事項を記入する。なお、現住所はチェンマイの居住先を記入するようになっている点には注意が必要だ。
 発給を受けるパスポートは日本同様10年用と5年用を選ぶことができるが、実質的に有効期間マイナス1年しか使えない(上記の通りリタイヤメントビザは更新の際有効期間が1年未満だとパスポートの有効期限までしか発給されない)ことを考えれば、よほどの理由がない限り10年用を申請したほうがいいだろう。
 記入した申請書と現在使っているパスポートを提出すると、受付の担当者が内容などをチェックして、問題がなければ受け取り日と費用などを説明したうえで引換証をくれる。受取日は申請日から3営業日後(月曜に申請したなら受け取りは木曜日)となっている。なお、パスポート切り替え発給申請中は手元からパスポートがなくなるので、パスポートの原本が必要になるような用事を入れることはできない。
 受け取り日になったら、引換証を持って再び総領事館に出向く。引換証を提出し費用を支払うと、新しいパスポートの記載内容ならびにICチップに記憶されたデータをモニターで確認するよう言われ、それが済むと新旧のパスポートが渡される。新しいパスポートには旧パスポートにあった出国のスタンプはなかったが、おそらく日本に帰国した時にはデータで照合できるのだろう。なお、古いパスポートには日本で手続きした時と同様「Void」の打ち抜きがされている。
 また、後日イミグレーション・オフィスでリタイヤメント・ビザを新しいパスポートに移し替える(ビザ・トランスファー)する際に必要となる総領事館発行のレターも同時に封筒に入れて渡されるので、なくさないように取っておこう。

 なお、在留届を提出している場合はパスポート番号を変更する必要があるのだが、オンラインでは変更することができない。どうするのかと思って総領事館で聞いてみたら、「こちらで変更しておきましたのでだいじょうぶです」との返事であった。実際に自宅に戻って新しいパスポート番号でログインすると、問題なく自分の情報を確認することができた。いちいち旧データを抹消して新たに登録しなおしたりするのは面倒なので、ありがたいサービスである。

======

【参考:日本大使館のメルマガより(2015.10.1)】

2.タイの長期滞在許可を持つ方が日本で旅券切替をした場合の注意事項
 タイの長期滞在許可をお持ちの方が、日本に一時帰国された際などに、日本国内の旅券事務所で旅券を更新されることがあります。
 そのような方がタイに再度入国する際、滞在許可・再入国許可印の押された旧旅券を提示しない場合、ビザなしとみなされ30日の滞在許可しか認められない場合があります。
 また、まれに旧旅券を一緒に提示したにも拘わらず、30日の滞在許可を押印される場合もあるようです。
 自分では滞在許可があるものと思って安心していたら、気づかぬうちに30日の滞在期限が過ぎてオーバーステイとなってしまう危険もありますので、入国審査場で押印が終わりましたら直ぐに内容を確認する等、十分にご注意ください。
 尚,入国した際に滞在許可・再入国許可があるにも拘わらずビザなしとみなされ30日の許可しかもらえなかった場合,タイ国内の入国管理局に出向き,旧旅券にある本来の滞在許可を新旅券に移す手続きが必要になりますが,その際に大使館からのレターを求められるケースが増えているようです。
 大使館からのレターが必要な方は,新旧の旅券,委任状(代理人が来館する場合)をお持ちの上,大使館領事部までお越しください。
【2015年12月】



パスポート、クレカ以外にも、ホテルのチェックインカードなど、海外ではサインする機会が多いです




HOMEへ レポートを書く TOPへ