ロングステイ(長期滞在)関連情報

在留届出済証明/居住証明の取得


≪注≫
公的機関での証明書などの取得における必要書類、手続き方法などについては予告なく変更されますので、必ず当該官庁にて最新情報を確認してください。


 タイに長期滞在するにあたって、タイでの運転免許取得や更新、日本で取得した国際免許証からの切り替え、車やバイクなどの自己名義での購入をはじめとするさまざまな重要局面で「在留届出済証明」または「居住証明」という書類が必要となる。
 いずれもタイ国内の住所を証明する日本でいえば住民票のような書類であるが、「在留届出済証明」は在チェンマイ日本国総領事館で、「居住証明」はタイの入国管理局で取得することができる。ほかに、居住している郡役場で外国人用住居登録証(タビアンバーン)を作成してもらう方法もあるらしいのだが、相当ハードルが高いという記述をどこかのサイトで見た記憶がある。
 自分は、費用はかかるものの手間と時間が一番節約できる在チェンマイ日本国総領事館で「在留届出済証明」を取得している。


■在チェンマイ日本国総領事館での「在留届出済証明」取得


 この書類は、名前の通り在留届を提出していることの証明なので、取得のためにはあらかじめ在チェンマイ日本国総領事館に在留届を提出してあることが前提となる。
 自分は、チェンマイでO-A(リタイヤメント)・ビザ(実際には初回申請時にもらえるOビザだが)を取得した直後にインターネット上で提出していたが、証明書取得で在チェンマイ日本国総領事館に出向いた際に、係の女性から「この書類を提出していますか?」と紙の在留届用紙を見せられた。もしかしたら、提出していない場合はその場で記入すればいいのかもしれないが、旅券法第16条により外国に3ヶ月以上滞在する日本人は最寄りの在外公館に在留届を出すことが義務づけられているので、ビザ取得手続きが終了したらなるべく早く届け出をしたほうがいい。

≪準備するもの≫

*証明書発給申請書……こちらからダウンロードできる。エクセル形式とPDF形式が用意されているので、都合のよういほうを使えばよい。2ページ目は不要

*パスポート……ビザのページのコピーが必要だが、領事館のほうで取ってくれる

*住居の賃貸契約書……こちらもコピーが必要だが、パスポート同様領事館のほうで取ってくれる

≪申請の流れ≫

 「在留届出済証明」の申請は8:30~12:00、交付は翌開館日の13:30~16:30となっている。申請・公布とも代理人でも可。
 在チェンマイ日本国総領事館は、空港の近く、エアポートプラザ前の交差点から少し北のエアポート・ビジネス・パーク内にある。お濠のほうからマヒドン通りを来た場合は、立体交差の途中でUターンする。通りからパークの敷地に入るとすぐにセキュリティー・ゲートがあるので、そこで総領事館に行きたい旨告げる(プラテート・イープンで通じる)と、車やバイクに乗って来た場合は駐車券のようなものをくれるので、それを受け取って中に入る。ビジター用の自動車駐車場は少し進んだすぐ右手、バイクの駐車場はそのさらに奥に用意されている。車を降りて一番手前のビルの入口を入ると、すぐ前に階段があるので、それで2階にあがる。階段手前にはインフォメーション・カウンターがあるので、わからなければそこで聞くとよい。階段を上がって左手奥に進むとセキュリティーの男性が2人立っている場所がある。そこが総領事館の入口だ。男性にパスポートを見せ、駐車券がある場合はそこでスタンプをもらい、ボディー・チェック、所持品のセキュリティー・チェックを受けてガラス扉の中に入ると、ガラスで仕切られたカウンターが3つほど並んでいる。当然のことながら内部の説明書きなどはすべて日本語だし、窓口のタイ人女性も流暢な日本語を話すので、とまどうようなことはないだろう。
 各種証明書の窓口は一番右側で、中に人がいない場合はインターホンを押して呼び出すようになっている。「在留届出済証明」を取得したい旨伝えると、係の人が書類などを確認して何も問題がなければ引換証を発行してくれる。
 交付時には、同じように総領事館の窓口に来て引換証と手数料660THBを出すと、証明書が受け取れる。
【2014年9月】

==========

2015年7月現在、手数料は620THBとなっている。
【2015年8月】



長期滞在の参考になる本やガイドを瞬時に検索



HOMEへ レポートを書く TOPへ