Pumpuiさんの“チェンマイ&北タイ旅コラム”

VIPバス


 VIPバスに初めて乗った。年を取ると、長距離移動が苦になるのだが、知人の多くが「VIP999なら何とか大丈夫」と話していた。以前から乗ろうとしていたのだが、なかなか機会がなかったのだ。
 前日、バスターミナルに行ってチケットを購入した。最初売り場がわからなかったが、暇な係員が親切に場所を教えてくれた。バンコクまで625Bだった。
 当日、指定された場所に行くと、すでにバスは入っており、荷物を預けて乗りこんだ。預けた荷物にタグを付けてくれたが、意味はあるのだろうか?
 発車すると、すぐに水と炭酸ジュース、簡単なお菓子が配られた。確かにサービスがいい。だが、驚くべきはそのシートだった。1台24席という極めて贅沢なこのバスの座席は、横幅はともかく、リクライニングは飛行機のビジネスクラス以上のように感じた(ファーストは乗ったことがない)。確かにこれならよく眠れるだろう。



1910年創業の世界最大の旅行かばんブランド
サムソナイト公式オンラインショップ




HOMEへ レポートを書く TOPへ