Pumpuiさんの“チェンマイ&北タイ旅コラム”

アパートを探す


■アパートを探す(1)


 チェンマイに住むことにした。数日、ぐうたらな生活をゲストハウスで過ごした後、重い腰を起こして歩いてみた。しかし、この暑い時季に歩いて周るのは愚行だった。1時間もしないうちにダウンし、この日はヌアット・ボラーン(古式マッサージ)を受けに行く羽目になった。




■アパートを探す(2)


 エリアを考える。チェンマイに住む場合、色々なケースがあると思う。駐在員、現地採用などチェンマイで働く人、大学や語学学校に通う人、ボランティア活動など……。
 バンコクと違って、チェンマイの場合、その生活の基点(職場や学校)となる場所に左右されることなく、エリアを選べるような気がする。(もちろんチェンマイの方がせまいと言うこともあるが)バンコクの場合、バスやBTSの路線を考慮する必要があるが、チェンマイではソンテオもあるし、さらにバイクや自転車でも動けるので、それほど考えなくてもいいような気がする。




■アパートを探す(3)


 行動開始。
 バイクを借りて街を回ってみる。いくらそれほどエリアにこだわる必要はないと言えど、ある程度の目安は必要だろう。私の場合、観光客とは接触したくなかったので、できればターペー門付近は避けたいと考えていた。そして、ターペー門よりも西を考えていた。
 バイクで走ってみると、チェンマイ(中心部)は思ったより狭かった。最初、堀の中も有力候補だったが、思ったほど物件がなかった(探し方に問題あり?!)。歩いて行ける範囲に屋台の多いエリアが希望だ。そして目をつけたのは、チャンプアック門の北とステープ通りだった。




■アパートを探す(4)


 今回の滞在は4~5ヶ月を目安に考えている。だから家電製品は買わずに、最初から設備の整っている物件を探していた。エアコン付で、冷蔵庫とテレビが欲しかった。そうなると、5,000B前後の物件になるようだった。ホテルなどでも月単位で貸し出しているところも多い。そうしたところはデポジットも不要のようだ。
 目をつけたエリアで、ソイに片っ端から入り、10数軒の物件を見て2軒に絞りこんだ。結局、決め手となったのは通りからどれだけ離れているか、だった。怠け者の私は、ソイが長いと通りに出なくなりそうだったからだ。そして現在の物件に決めたのだが、住み心地はまだ何とも言えない……。



このサイトにアップしている多くの写真を撮影したデジカメ




HOMEへ レポートを書く TOPへ