Pumpuiさんの“チェンマイ&北タイ旅コラム”

 このコーナーでは、「サワディーチャオ チェンマイ」現地特派員のPumpuiさんからお送りいただいたメールの一部を、編集してコラム形式で公開しています。
 Pumpuiさんは、バンコクにしばらく滞在した後、2001年チェンマイへと移動、現在は市内某所にあるアパートの一室を賃借して生活の拠点としつつ、北タイ各地および周辺諸国への旅を続けましたが、現在はチェンマイを離れています。



管理人がタイで買い日本でも使っているタブレットに入れているのはこれ!
マカフィー・ストア



トレッキング


 チェントーンに行った。目的は少数民族の村を訪ねること。ゲストハウスは温水シャワー付で5ドルだが、コストパフォーマンスがタイと比べ物にならないくらい劣る。これが国力の差か……。
 だが、その訪れた村々はそんな不満も吹き飛ぶほどすばらしかった。素朴、と言う言葉でしか表現できない自分が歯がゆい...

続きを読む

ソンテオ


 チェンマイで生活すると、必然的にソンテオに乗らざるを得ない。赤いソンテオは基本的に10B。ちょっと遠めだと、行き先を告げるときに運転手が料金を示してくる。そんな簡単なシステムすら最初は知らなかった。
 しばらくすると、赤いソンテオ以外に「白」「黄」などのソンテオもあることを知る。近郊に走っていることは...

続きを読む

アパートを探す


 チェンマイに住むことにした。数日、ぐうたらな生活をゲストハウスで過ごした後、重い腰を起こして歩いてみた。しかし、この暑い時季に歩いて周るのは愚行だった。1時間もしないうちにダウンし、この日はヌアット・ボラーン(古式マッサージ)を受けに行く羽目になった。
 エリアを考える。チェンマイに住む場合、色々なケースがあると思う。駐在員、現地採用など...

続きを読む

チェンマイでの新生活


 チェンマイでの生活を始めて数日が過ぎた。東向きの部屋のせいか、朝の日差しは強い。だが、窓も小さいので、それほどの暑さは感じない。
 部屋選びの際、知人から「日本と違って、タイでは日当たりの悪い部屋がいい部屋だ」というアドバイスを受けた。確かにその通りだった。
 また、この部屋は階も上の方なので、比較的涼しい。窓は小さいが...

続きを読む

VIPバス


 VIPバスに初めて乗った。年を取ると、長距離移動が苦になるのだが、知人の多くが「VIP999なら何とか大丈夫」と話していた。以前から乗ろうとしていたのだが、なかなか機会がなかったのだ。
 前日、バスターミナルに行ってチケットを購入した。最初売り場がわからなかったが、暇な係員が親切に場所を教えてくれた。バンコクまで...

続きを読む

レンタルバイク


 チェンマイでの生活に「アシ」は欠かせない。自転車も手ではあったが、疲れるのでバイクにする。とりあえず、当分はレンタルバイクでいいだろう。以前借りた時は、1日単位だったので150Bだった。長期にすればもう少し安くなるはずなのだが……。
 ターペー門近辺を中心にレンタルバイク屋を回る。結局、比較的愛想のよかった店で...

続きを読む

タイ人の運転


 バイクに乗る生活も2ヶ月以上経過した。最初は快適に感じたバイクの運転も、最近は怖くなってきた。レンタルバイクは故障が多いとは聞いていたが、確かにこの2ヶ月ちょっとでパンク2回(前後輪各1回)、ブレーキ交換2回、ガス欠1回(自業自得!)のトラブルに見舞われている。しかし、それ以上に...

続きを読む

タイ人の時間感覚


 ここのところ、タイ人との待ち合わせで痛い目にあっている。そのいくつかをここでは書いてみたい。ある地方都市へ知人を訪ねに行った時のこと。その知人とは、1週間以上前から日程を詰めていた。何時の飛行機で到着するのか、確認の電話が何度もあった。あまりにもしつこいので、荷物も機内に持ち込み到着予定時刻には空港の外へ出られるよう心がけたつもりだ。しかし...

続きを読む

バイクを買う


 レンタルバイク生活が長く続いたが、それはそれで不都合な点も多い。一般的に言って、バイクを借りる場合にはデポジットとしてパスポートを預けなければならないことが多いが、これは、私の場合別途5,000Bを支払うことで解決した。しかし、最近では1週間単位でチェンマイを離れることも多く...

続きを読む

タイ人とカラオケ


 タイ人とカラオケに行った。10人以上いたが、日本でいうカラオケボックスのような作りの店であった。
 日本だと、全員が均等になるカンジで曲を入力し、順番に歌っていくパターンが多いと思うのが、ここでは2~3人が何曲も入力しはじめた。しかし、曲が流れても誰も歌わない……。しばらくすると、マイクが回されて歌い始めたが...

続きを読む

センチメンタルなクリスマス


 「じゃあ、一緒に帰る?」
 クリスマスを数日前にしたある日、知り合いから意外な申し出があった。僕は、その時山岳民族であるその知り合いと、彼らの習慣について話をしていた。この知り合いの故郷の村は村民全員がキリスト教に改宗しており、クリスマスには何らかのイベントが行われるという...

続きを読む

旧正月


 旧正月とは、中国正月のことを指す。この期間、中国人は祭りを盛大に行うのだが、山岳民族の中にもこの正月を祝うものが多いと聞く。せっかくチェンマイに住んでいるのだから、彼らの正月がどんなものであるのか知りたいと思い、村を訪ねてみることにした。
 最初は、以前行ったことのある、知人の住む山岳民族の村に行こうと思った。その村は違うが、周囲には...

続きを読む

チェンマイに住む


 バンコクに住む友人の多くは、「チェンマイは旅行するにはいい街だけど、住むには退屈な街だと思う。」と言う。とりわけ、スクンビット通り沿いのコンドミニアムに住み、日本語でこと足りてしまう環境に慣れてしまうと、チェンマイに住むことは難しいのかもしれない。バンコクで、日本の金銭感覚で生活できれば日本と同様、いやそれ以上に...

続きを読む

日本語


 最近、日本語の堪能なタイ人と話す機会が多い。この場合の“日本語の堪能な”という意味は“日本語を話すことによって、収入を得ることができるレベル”である。つまり、日本語通訳といっても差し支えないくらい流暢に使えるということだ。
 ある日、ひとりの女性と会話していると、どうも“口調が強い”感じが...

続きを読む

チェントーンでの旧正月


 「じゃあ、チャーターすればいいんだろ!!」
 ほとんどヤケになり、思わず叫んでしまった。
 タチレクからチェントーンまで車で行くつもりで、街はずれにあるタクシー乗り場までやってきた。年末にチェントーンから戻ってくる時だいたいの相場がわかったので、今回は...

続きを読む

チェンマイを去る


 チェンマイを離れることにした。
 実はこれを書いているのは、離れてから長い月日が経ってからだ。ずっとこのことを書けなかったのは、離れる原因を自分の中で整理できなかったことが大きな理由だろう。まだ整理できたとは思えないが、とりあえず文章にして残しておきたいと思う。
 チェンマイに住み始めた当初...

続きを読む



エクスペディアが運営する一軒家やコンドミニアム予約サイト



HOMEへ レポートを書く TOPへ