チェンマイの物価一覧

≪タイの物価は安いと言えるのか?≫
 自分がタイに通い始めた1990年代前半、確かにタイの物価は激安、と言ってよい状態でした。当時は、日本でのビジネスシーンでも着ることのできるレベルの質のよいワイシャツやパンツ(ズボン)、靴(クラークスというイギリスのブランド)がこちらのデパートで日本の半額近くで購入できるだけでなく、日本メーカーのヘヤームースやシェービングフォームのようなものも日本で買うより安く手に入ったので、帰りのスーツケースはこうしたものでいつもいっぱいでした(笑)。
 また、そういったものではなくチェンマイでの日常生活で使うような商品も、地場メーカーの商品しか手に入らないことが多く、そういったものは日本に比べると質が劣るものの、価格はかなり安かったように記憶しています。
 しかし、その後日本は“失われた20年”によってデフレ状態が長く続き、100円ショップやユニクロを筆頭とするSPA(製造型小売業)が台頭するなど、あらゆるカテゴリで低価格化が進行する一方で、タイは東南アジアの優等生としてアジア通貨危機やリーマンショックを乗り越えて高い経済成長を遂げ、毎年の物価上昇率も日本とは比べようがないくらい高いレベルに達しており、両国のあらゆるモノ・サービスの価格差は確実に縮まりつつあります。大型スーパーマーケットで売られている地場メーカー製の生活必需品のようなものも、年に何回もの値上げがあったりして、一概に日本よりも安いものばかりとは言えないように感じます。
 また、グローバライゼーションの進展によって、この10年ほどの間にタイでも日本で販売されているものと同じブランド・クオリティーの商品が簡単に手に入るようになり、一般的なタイ人の家庭でもごく普通に使われています。さらに、近年はユニクロ、ダイソー、無印良品、吉野屋、大戸屋、ココイチといった日本の店舗がチェンマイにも進出し、多くの店が日本よりもはるかに高価格であるにもかかわらず大勢の人々がショッピングしたり、行列までして家族で日本食を楽しむといった光景は今やまったく珍しいものではなくなりました。

 以下のリンク先は、これまでチェンマイの街で今まで買い求めた、さまざまなものやサービスの値段を一覧表にしたものです。
 確かに日本と比較すると絶対価格が安いものもありますが、その多くは質が日本よりもかなり劣り、逆に日本と同レベルの質のものを求めようとすると、日本より高くつく(例:タイのダイソーは60THB均一=2017年8月のレートで約200円)、というのが、ここ最近の自分の実感です。
 そういう意味では、冒頭の「タイの物価は安いと言えるのか?」という問いに対する答えは、「日本のようなクオリティーを追求しないで生活していく(できる)ならば安いし、日本のようなレベルの生活をする(そうでないと我慢できない)なら日本よりもむしろ高くつく」というところでしょうか。
 もっと平たく言えば、シャンプーに値段は安いが洗い上がりがイマイチさっぱりしないタイの地場メーカー製を使うのか、それとも花王のアジエンスを使うのか、あるいは食事は市場からのお持ち帰りで済ますのか、キッコーマンの醤油や輸入食材などを使って日本食中心に自炊するのかなど、その人の生活スタイルによってタイの物価は安いとも高いとも言えるのです。
【2017年11月アップデイト&写真追加】

≪注≫
 価格は、すべて自分が購入した時点でのものです。
 上記の通り、近年チェンマイ(タイ)の物価は急激に上昇しています。中には、短期間のうちに3割・4割と大幅に価格がアップする商品も少なくありません。そのため、頻繁に購入しデータが定期的にアップデイトされているようなもの以外は、現在の価格とは大きく異なる商品が含まれていることをご承知おきください。
 また、スーパーなど定価販売の店以外では、買い手の交渉能力などにより実際の購入価格は大きく変わることがあります。






好きな時に高レートで外貨両替し、空港受取。円安リスクのヘッジにも最適!



HOMEへ レポートを書く TOPへ