郊外の観光スポット

 一般的に知られているチェンマイの見どころというと、そのほとんどは市内に位置しており、アクセスも比較的容易だ。しかし一方で、県(チャンワット)としてのチェンマイを見てみると、最大で東西130km、南北320kmに及ぶ20,107平方kmという広大な規模(ちなみに、日本の関東1都3県を合わせても13,549平方km)を誇っており、そのあちらこちらに観光スポットが散在している。それらの見どころに行くには、バスなどの公共交通機関では困難で、自分でバイクや自動車を運転するか、トゥクトゥク、ソンテオをチャーターしなければならないことが多いが、市内の有名観光地とはまた一味違ったローカルな雰囲気が味わえたりして、リピート・トラベラーにとってもいい時間つぶし(笑)になるだろう。
 このコーナーでは、チェンマイ市内からバイクや自動車でで半日ないしは日帰り程度で行ける範囲にある郊外の見どころを紹介してみようと思う。







ワット・ノーングアック(ラムプーン県パーサーン郡)


ラムプーン県にある壁画の美しい寺院ワット・ノーングアック

 チェンマイから南に約40km、ラムプーンからだと南西に20kmほどのところに位置する、パーサーン郡にあるマハーニカイ(主流)派の仏教寺院。チェンマイ盆地の中のほとんど観光客が訪れることのない村の中にあるが、チェンマイからドライブがてら田舎の雰囲気を思い切り味わいながらツーリスト・プレイスでない場所を訪れたい、というような人にはお勧めのスポットだ。
 チェンマイからこの寺院に向かう場合、一番簡単なのは...

続きを読む

Queen Sirikit Botanic Garden(シリキット王妃植物園)


チェンマイ北部郊外にあるクイーンシリキット植物園(1)

 総理府の管轄下にあるBGO(Botanical Garden Organization)が運営する、チェンマイ北部のメーサー渓谷にある山の中腹をそのまま利用して作られたタイで最初の国際的レベルの植物園。(1)タイの植物に対する基本的知識を集約する、(2)タイ植物の遺伝子や多様性を保護する、(3)タイの植物についての学習や研究を強化することを目的として...

続きを読む

チェンマイ・ナイト・サファリ


 入場料500Bとチェンマイではかなり高いですが、キリンやシマウマがすぐそこに!!
 エサをあげることもできて、けっこう楽しかったです。
 エリアをバスでまわったあとには噴水のショーもあります。
 ホワイトタイガーの赤ちゃんと写真を撮ることもできます。こちらは250B。
 CDにデータを入れてくれますが...

続きを読む

花博会場


 以前、行われた花博の会場です。
 今は、入場無料で開放しています。
 花博は終わっていますが、各国の建物やお庭を再現したスペースやタイの伝統的な建物の展示は時間をかけてゆっくりまわると楽しいです。
 暑いのが嫌だ、時間を短縮させたい場合には...

続きを読む

THE THAI ELEPHANT CONSERVATION CENTER(タイ象保護センター)


チェンマイから75kmほどのところにあるタイ象保護センターの国道沿いに出されている看板の写真

 チェンマイとクルンテープ(バンコク)を結ぶ国道11号線をチェンマイから1時間半ほど南に向かったラムパーン県北部にある、タイ国唯一の国立の象の保護センター。日本語のガイドブックなどには「エレファントキャンプ」と書かれていることがあるが、正確にはキャンプではなく、何らかの理由で行き場所のなくなった象や傷ついた象を...

続きを読む

メーカチャーン


メーカチャーン中心部

 チェンマイから北西に約80kmのところにあり、チェンラーイに向かう長距離路線バスが最初に停車する街がメーカチャーンだ。
 チェンマイから国道118号線を進むと、道はドーイサケットの先から山間部に入って行き、アップダウンを繰り返しながら峠を越え(道端には祠がいくつも建てられ、バスに乗っていればドライバーがお祈りをするかわりにクラクションを鳴らすのでわかる)...

続きを読む

田舎に泊ろう @ホート


ホートの街近くを流れるピン川の眺めの写真

 2008年10月3日から2泊、彼女の実家があるホートという街に行って来ました。
 ホートは、チェンマイから南西へ90kmほどのところにあり、チェンマイ門市場の前あたりから1232番の青色のバスに乗り2時間ちょっとで着きました。
 バスはファンのみですが、窓は全開なので...

続きを読む

ワット・パーラード


チェンマイ西部郊外、ドーイステープの山腹にある寺院ワット・パラードのレリーフの写真

 このお寺はドイステープへ上って行く途中にありますが、タイ語の表示しか出ていないのでちょっと見つけにくいかもしれません。
 国道沿いにある案内看板が見えたら、左手に曲がってバイクで2分くらい下って行ったところです。
 ガイドブックや地図にはほとんど載っていないため、観光客が訪れるのは稀だそうです。
 チェンマイ市街も見下ろせ...

続きを読む

“SAKURA” In ChiangMai


チェンマイ西部、ドーイステープ山中にある桜が見れる村の写真

 今回、チェンマイ在住の知人の方に教えていただいた“サクラ”が咲き乱れているスポットをご紹介します。
 「なんでまた、タイでサクラ……」などとヤボなことは言わずにお付合い下さい。
 12月~1月限定、チェンマイで綺麗に咲き誇るサクラ!なんと花見もできてしまいます。
 知る人ぞ知る穴場、と言って...

続きを読む

ボーサーン・フィッシング・パーク ~釣り@チェンマイ~


ボーサーンフィッシングパーク

 タイでも釣りは男性に人気があり、チェンマイ周辺でもいくつかの管理釣り場があります。そのうちのひとつに「ボーサーンフィッシングパーク」があります。周りを緑に囲まれた1周1kmほどの池です。対象魚は「ストライプド・キャットフィシュ」(写真)で、大きさは80~150cm、8~16kgほどですが、ここのレコードとしては45kgが...

続きを読む

BAAN RAI PAI NGAAM(パ・ダ・コットン博物館)


 バーン・ライ・パイ・ガームは、チェンマイ市内から国道108号線を車で南に2時間ほど行ったところにある、民家を改造して作られたコットンの博物館です。国道の左側に、小さく看板が出ています。その看板のところにゲートがあり、そこから左に入っていくと、両側は素晴らしい竹林。サワサワと揺れる竹林の道は、それはそれは静かで、ただ揺れる竹のこずえのざわめきだけが、耳に心地よく聞こえてきます。京都の嵯峨野の竹林とは...

続きを読む

ドーイ・サケットのダムと寺院


ワットドーイサケット

 市中心部から北西に約20kmほどのところに位置する、ドーイ・サケットと呼ばれるエリアにある寺院(ワット・ドーイ・サケット)と、村の北7kmほどのところにあるダム(クアン・メー・クワン)。
 国道118号線を道路標識にしたがって右折してしばらく直進すると、ドーイ・サケットの小さな集落が見えてくる。雑貨屋やソバ屋などが...

続きを読む

フワイトゥンタオ貯水池


フワイトゥンタオ貯水池

 チェンマイ郊外にある貯水池。池の周囲を整備して開放しており、地元タイ人のカップルや家族連れが休日になると多く訪れるリクリエーション・スポット。
 貯水池の対岸には深い緑に覆われたドーイ・ステープから続く山々が迫り、これで雪山が見えれば、ネパールのポカラとそっくりな風景だ。こちら側の岸には日傘や東屋が隙間がないほどビッシリと立ち並んでいて、好きなところに座ると...

続きを読む

ルンアルーン温泉(サンカムペーンの温泉リゾート)


ルンアルーン温泉

 チェンマイ県内には、近年いくつもの温泉リゾートがオープンしているが、おそらく市内から一番近いのがここ。「サンカムペーンのリゾート」とタイ人には呼ばれており、その名の通り、花畑や森林、池などが広がる美しい公園になっている。温泉と言っても、ゆで卵が作れる井戸のようになっているところと、時々ブアーッと吹き上げる間欠泉が見れるだけで、日本のようなものを想像してはいけない。どうしても入りたい、という人には...

続きを読む



ここで紹介している場所に行くにはレンタカーが最適です



HOMEへ レポートを書く TOPへ