名前のないレストラン

サンティタム5叉路北のクエティオ屋台


場所:サンティタムの5叉路から北に伸びるサンティタム通りを300mほど進み、ロータス・エキスプレスを通り越したすぐ先の十字路の北西角



チェンマイ市内北西部、サンティタム5叉路の北にあるクエティオ屋台 最近、日本人の中長期滞在者も多く住んでいると言われている、お堀の北西角から北に入ったサンティタムと呼ばれるエリアで夜に何か軽く食べようとすると、ハサディセヴィー通りにズラリと並ぶ屋台か、少し距離があるが、チャーンプアック門のところに出る屋台街が思い浮かぶところだが、特に前者はどの店も量はやたらと多いものの、自分にとってはおいしいと思えるところが一軒もなくて、その周辺にある店を色々と食べ歩いた結果探しあてたのが、ここに紹介するロータスエキスプレスのそばにあるクエティオの屋台だ。
 ロータスエキスプレスのすぐ北の十字路を左に曲がったすぐ右手に2軒屋台が並んでいる。手前は牛乳の店で、その奥にある緑色と黄色の看板がかかっているクエティオの屋台が見える。ジミー大西にちょっと似た(笑)顔をした愛想のいいおばさんがご主人と息子(?)を従えて店を仕切っている。メニューは、センレク、センミー、センヤイなどクエティオ各種にバミー(中華麺)のほかカオラオ(麺の入っていない内臓などの具とスープだけの料理)、イェンタフォーなどごく一般的な屋台の品揃えだが、この店ではセンヤイ(太麺)が特にお勧めだ。麺がほかの店は箸で持ち上げるとブツブツと切れてしまうことが多いのに対して、ここの店はプルルンとしていて切れることがなく、口に入れた時の食感がよい。具も、特に指定しなければルークチン(魚のつみれ)のほかに肉団子や豚肉、ムーデーン(チャーシュー)に加え、もやしやからし菜などの野菜も豊富に入っておりボリュームがあるように感じる。具を指定する場合は、ムー(豚肉)、ヌア(牛肉)、クルアンナイ(各種臓物)、シークロン(あばら肉)が選べる。
 スープは、比較的甘めになっているがくどくはなく、テーブルの上にあるナームプラー、唐辛子などで自分の好みの味に調節するといいだろう。ただ、時々ぬる目のことがあるのが残念だ。

 店は昼間から夜中の12時過ぎまで営業しているので、夜遅くに小腹が減った時にも使える。このエリアはロータスエクスプレスのオープンに伴ってか、ほかにも食堂や携帯電話屋などいくつものショップがオープンし商店街化してきており、夜遅くでも人通りが絶えることがない(日本語の看板のあるコンドミニアムも近くに建設されている)。まだ自分はこの屋台以外で食事をしたことがないが、もしかしたら、探せばもっとほかにもおいしい店を見つけることができるかもしれない。
【2015年9月写真追加】

==========

 2012年1月、普通25B、ピセート(大盛り)が30Bに値上がりした。
【2012年1月アップデイト】



チェンマイのデコボコ舗装路を歩いてもぜんぜん苦にならない!
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ    




HOMEへ レポートを書く TOPへ