その他のレポート&旅日記

NAKATAさんのゴルフレポート


ラーンナーゴルフコース(撮影:管理人、1994年)
ラーンナーゴルフコース(撮影:管理人、1994年)


 1月28日からバンコク、チェンマイに29日に入りました。思っていたより観光客が多いので、驚きました。チェンインホテルに入り、早速ゴルフ場へ(チェンマイグリーンバレー)。プレー代が1,200B、キャディーフィーが200B、チップを200Bと奮発し、相場を上げてきました(申し訳ない)。
 ワゴン車を1,200B(高いような気がします)で貸し切り移動手段としました。結局、ほかを探すのが面倒で、滞在中はこれを使用しました。
 ただ、私の行った時期(1月の末から2月15日まで)は、ゴルフ目的の人は行かないほうがいいと思いまました。韓国から週2便ジャンボ機でゴルフツアーが入っていて、予約のない客の受付はしてくれません。我々は、何とか知り合いをマレーシアから同日に呼び寄せて、割り込みで事なきを得ましたが。
 そんな状態でも、コースの手入れはされていました。グリーンはすごく早いです。3パター、4パターが当たり前でした(これは我々のレベルが低すぎるのかも)。チェンマイの18ホールのあるゴルフ場はすべて回りましたが、どこも韓国人ツアーのバスが10台ほど並んでいました。それに増して、マナーがまったくありませんから、気の短い人には向きません。1ラウンド平均、6時間30分もかかりました。
 5日の帰りを1泊のばし、チェンラーイのサンティブリカントリーにも行きました。さすがに、ここには韓国人ツアーはいませんでした、予約なしですぐにスタート。“素晴らしい”の一言のコースでした。むずかしさはその人の腕次第ですが、コースの手入れは、おそらくバンコクでも上位に入ると思います。
 火曜日は料金割引があり、プレー代がキャディーフィー込みで850Bでした。水曜日は、1,650Bです。チップは、150Bを渡しました。レンタカーは1日1,200B、計2日間で2,400Bプラスガソリン代、チップ、食事代でした。このゴルフコースは、ビール会社の社長が個人で持っていると聞きましたが、定かではありません。

==========

≪追加情報……チェンマイ&北タイのゴルフ場≫


■ChiangMai Lamphun Golf Club

<コース>
住所:Sankamphaeng-Ban Thi
TEL:053-880880~4
FAX:053-880888
E-MAIL:chiangmaigolf@chiangmai.a-net.net.th
WEBSITE:www.chiangmaigolf.com
<事務所>
住所:ChiangMai Golf Driving Range
TEL:053-201606~7    FAX:053-201607

*開業……1990年
*設計……サクン・スカパンポータラム博士
*コース内容……6,919ヤード、18ホール、パー72
*料金……グリーンフィー1,400B(週末・休日1,800B)、キャディフィー190B、ゴルフカート500B(週末・休日800B)
*概要……チェンマイ市内から車で30分ほどの山のふもとに作られている。1995年のSEA(東南アジア)ゲームのゴルフ競技会場として使われた。「Heritage Spa」併設。

■Royal ChiangMai Golf Resort

TEL:053-849301~6
FAX:053-849310
E-MAIL:golf1@cm.ksc.co.th
WEBSITE:www.royalchiangmai.co.th

*開業……1995年
*設計……ピーター・トンプソン、マイケル・ウォルヴリッジ
*コース内容……6,900ヤード、18ホール、パー72
*料金……グリーンフィー600B(週末・休日1,000B)、キャディフィー200B、ゴルフカート600B
*概要……チェンマイ市内から車で約40分ほどの山のふもとに作られている。広さは約2,000ライ。全英オープン5回優勝のピーター・トンプソンが、イギリスのリンクススタイルのコースをベースに設計した。

■Lanna Golf Club

*開業……1974年
*コース内容……6,884ヤード、27ホール
*料金……グリーンフィー800B(週末・休日1,000B)、キャディフィー150B、ゴルフカート600B
*概要……チェンマイ市内から国道107号線を北に10分ほど行ったところにある、タイではかなり歴史のあるコース。競馬場に隣接しており、一部のホールはその中(トラックの内側)に食い込んでいるユニークなゴルフ場だ。市内に近いのでアップダウンはほとんどない平坦なコースだが、池や小川が多く配置されている。練習場、スポーツクラブ、レストランも併設されており、特にレストランはおいしいと評判で、食事だけをしに来るタイ人もたくさんいる。

■Green Valley Golf Club

*開業……1990年
*設計……デニス・グリフィス&アソシエイツ
*コース内容……7,200ヤード
*料金……グリーンフィー1,200B(週末・休日2,000B)、キャディフィー200B、ゴルフカート500B(1組あたり)
*概要……チェンマイ市内から車で約20分のところにあるチャンピオンシップコース。チェンマイのゴルフ場としては最もコースがよく整備されているとの評判を得ている。と同時に、フェアウエイは広いが、すべてのコースにウォーターザードが設けれられており、またバンカーと木が非常に多く、最もタフなコースであるとも言われているらしい。バニヤンツリースパ系列の「Angsana Spa」が併設されている。

■Waterford Valley Golf Club(チェンラーイ)

*開業……1994年
*設計……ラダー・インターナショナル
*コース内容……6,966ヤード、パー72
*料金……グリーンフィー1,100B(週末・休日1,650B)、キャディフィー200B、ゴルフカート600B
*概要……チェンラーイ市内から車で約35分。多くのホールが池と小川に囲まれており、またアップダウンも結構ある。


■Santiburi Golf Club(チェンラーイ)

*開業……1992年
*設計……ロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニア
*コース内容……7,000ヤード、18ホール、パー72
*料金……グリーンフィー1,300B(週末・休日1,900B)、キャディフィー200B、ゴルフカート660B
*概要……シンハビールのオーナであるクン・サンティ・ビロムバクディの発案によって作られた、アジアでも有数のコースとの評価もあるコース。

■Mae Moh Golf Course(ラムパーン)

*開業……1984年
*コース内容……6,374ヤード、18ホール、パー72
*料金……グリーンフィー500B、キャディフィー150B、ゴルフカート600B
*概要……ラムパーンから30km、チェンマイからは125kmのところにある、まだあまり知られていないコース。山すそに位置しており、フェアウエイもアップダウンがあるように作られている。
【Thailand Tee-Off Serviceの資料をもとに作成】
TEL&FAX:053-350614
E-MAIL:magnus@cm.ksc.co.th
WEBSITE:www.thailandgolf.hostway.net






HOMEへ レポートを書く TOPへ