ブアさんの“対照研究 「マイペンライ」~日タイにおける解釈の違い~”

 史学、言語学、文化人類学をはじめ、たくさんの専門家がさまざまな視点からタイについてレベルの高い学術論文を発表していますが、普段そうしたものはなかなか我々の目に触れることがありません。
 ブアさんは、JICA(国際協力機構)の中高生派遣プログラムではじめてタイを訪れすっかり気に入ってしまいタイ語を学べる某大学入学、3年生の時にはチェンマイ大学へ留学しタイ語も一段と堪能になり、卒業後の現在はタイ人研修生を受け入れる某団体に就職し、今もタイとの密接な関わりを持ちながら日本で生活しています。
 そんなブアさんが選んだ大学の卒業論文のテーマは、“マイペンライという言葉の日本人とタイ人におけるとらえ方の違い”という、実に奥が深くてむずかしいテーマでした。

≪注1≫本サイトのクリエイティブスタイルに一致させるため、実際の論文から体裁など一部を変更しています。
≪注2≫本論文の内容は「サワディーチャオ チェンマイ」および管理人(ガネッシュ)の見解を反映するものではありません。




はじめに


「タイ」という国はどんな国か?と日本人に質問をすると、「微笑みの国」という言葉が出てくる。実際にガイドブックなどにも微笑みの国タイへ行こうといったものを目にすることができる。「タイ=微笑みの国」ということが定着していると言ってよいと思う。近年、日本人のタイ渡航者が増加したのと並行して、タイは「微笑みの国」というのと同様に「マイペンライの国」と...

続きを読む

1.友達との間で使われる「マイペンライ」


実例1と実例2はいずれも友人と映画を見に行く約束をして、友人が遅れてやってきた時の会話である。実例1の集計は1997年の集計と同じように、タイ人も日本人も友人の対応を否定的に考える「失礼」「無責任」という意見が多かった。しかし、その項目を選んで回答した理由をタイ人と日本人で見比べて見ると「失礼」「無責任」と否定的な回答ということは同じだが、その理由に...

続きを読む

2.先生と生徒の間で使われる「マイペンライ」


実例4と実例5はいずれも学生が先生の研究室に手伝いに来た時の会話である。実例4(1)は1997年の集計と同様にタイ人は「先生に遠慮して飲みたくないふりをする」が67.0%と過半数を超えるかなりの人がこう答えた。また日本人の回答数が一番多かったのは「学生は飲み物はほしくない」で、31.9%という結果だった。しかし、実例5(1)では、「学生は自分で飲み物を作る」が日本人も...

続きを読む

3.タイ人と日本人の考える「親友」、「目上の人」とは


(1)の「親友」とはどのような集団に属する友人かという質問では、1998年の集計を見ると、タイ人にとって「親友」は回答数の多い順に「中学校の友人」(56.2%)「大学の友人」(55.7%)「職場の友人」(50.8%)なっている。それに対して日本人にとっての「親友」は、全ての項目においてタイ人よりも回答数が低く、その中でも最も回答数が高いのは「大学の友人」(46.5%)...

続きを読む

4.タイ社会で使われる「マイペンライ」


私の2005年の調査では、「あまりない」「めったにない」と回答した人の数は、日本人(5.5%、1.3%)、タイ人(10.2%、4.5%)というように両者とも少人数しかいなかった。逆に「非常によくある」「ときどきある」と答えた日本人(37.5%、37.5%)、タイ人(37.5%、36.3%)というように、両者ともこの2つの項目を合わせると過半数を超える人がタイ社会でこの実例のようなことが...

続きを読む

5.会社の中で使われる「マイペンライ」


(1)のタイの社会で実例10のようなことがあるかという質問について1997,8年の調査で日本人の回答は「よくある」9.8%、「わからない」88.5%だったので何とも言えないが、タイ人の回答は「非常によくある」78.9%、「よくある」21.1%となり、2005年の調査と同様になった。このようなことから実例10のようなことはタイ社会においてよくあることがわかる。また、今回の2005年の...

続きを読む

6.雇用主とメイドの間での「マイペンライ」


実例12と実例13はいずれも雇い主がメイドにアイロンを頼んだ時の会話である。今回の調査の実例12の(1)のタイの社会で実例12のようなことがあるかという質問についてでは、「非常によくある」と回答した日本人の回答数と「ときどきある」と回答した日本人の数は30.5%と一緒になった。タイ人の回答も「非常によくある」45.4%、「ときどきある」31.8%となり、タイの社会で...

続きを読む

7.「マイペンライ」について


実例15については自由記述という形で回答してもらった。今回の調査では日本人もタイ人も同様に、「鼻血は出たが、大した事はなく大丈夫です」という鼻血の量が少なかったことと、「先生に対して心配しないで下さい」といった先生への配慮の回答がほとんどの結果になった。前回の調査でタイ人の間で最も多い回答は、「(鼻血は)ひどくなかった/多量ではない、等」であったが...

続きを読む

調査資料


1.今回の調査データ ~2005年8,9月実施~...

続きを読む

集計結果分析


実例1.映画の約束-1 ≪会話文≫友人と映画を見に行く約束をしたが、友人は待ち合わせた時間になっても現れなかった。約束の時間より、20分遅れて友人はやっと現れた。映画はもうすぐ始まる。待たされた友人「(不機嫌な顔で)なんでこんなに遅れたんだよ。もう間に合わないじゃないか。」待たせた友人「(平然とした顔で)マイペンライ。タクシーで行けば、5分もかからないよ。」...

続きを読む



HOMEへ レポートを書く TOPへ