ホテル宿泊詳細レポート(高級ホテル)

≪注≫
 ホテルの料金は、シーズンや利用する旅行代理店によって大きく異なります。また、設備は改修などによってしばしば変わりますので、そういった点を考慮に入れてご覧ください。また、もし掲載されている内容との相違に気づかれましたら、「レポートを書く」を利用して、ぜひ情報のアップデイトにご協力くださいますよう、お願いいたします。




今、お得なチェンマイのホテル



PING NAKARA BOUTIQUE HOTEL & SPA


チェンマイ市内中心部にある高級ホテル、ピンナカラブティックホテル&スパの外観

 ピン川右岸を走るチャルンプラテート通りをスリードーンチャイ通りとの交差点から300mほど南に下ったところにある、チェンマイを代表するといってもよい高級ブティック・ホテル。
 チャルンプラテート通りから見ると真っ白な壁が印象的で50m以上は続いているかと思われる建物からはこのホテルがわずか19室であることが信じられないくらいだが、敷地の奥行きはそれほどなく...

続きを読む

KODCHASRI THANI


チェンマイ旧市街にあるブティック・ホテル、コチャスリタニの内部

 チェンマイ旧市街、お濠の中の南中央のチェンマイ門にほど近いところにあるブティック・ホテル。現在、この一帯には乱立気味とも思えるくらい次から次へと同じようなホテルがオープンしているが、その中では比較的歴史が古い宿だ。ちなみに、ホテル名のコチャスリは、古代インドの大長編叙事詩「ラーマーヤナ」に登場する象の鼻に...

続きを読む

YAANG COME VILLAGE


チェンマイ市内中心部にある高級ブティックホテル、ヤーンカムビレッジのエントランス

 チェンマイ市内中心部、ナイト・バザール南端のチャーンクラーン通りとスリードーンチャイ通りとの交差点から後者を東に100mほど行った右側にある、チェンマイのブティック・ホテルとしては老舗の部類に入る、かなり昔から営業している高級ホテルだ。
 客室に備えられていたホテルのオーナーが記した説明書きによると、ヤーンとはインドゴムの木のことを、カムは黄金を...

続きを読む

RACHALMANKHA A MEMBER OF SECRET RETREATS HOTEL(旧:RACHAMANKHA)


アンジェリーナジョリーが泊まったことで有名な高級リゾートホテル、ラチャマンカのエントランスの写真

 チェンマイのリゾートホテルというと、冒頭でも言及している通り、一般的には街からはかなり離れた渓谷にあることが多いのだが、周囲にほとんどホテルがないお堀の中の東のはずれ、ワット・プラシンの裏手に隠れ家的に存在する高級リゾートホテルがラチャマンカである。経営は、お堀の中の東側にあるタマリンド・ビレッジと同じとのことだが、ポジショニングとしては...

続きを読む

SIRI LANNA HOTEL


チェンマイ市内中心部、旧市街にあるシリラーンナーホテルの外観

 お堀の中の旧市街、やや南よりに2008年12月にオープンした高級ブティックホテル。
 ラーチャパーキーナイ通りとラーチャマンカー通りの北西角に位置し、白い塀越しに見えるラーンナー様式を模したこれまた白壁に木をふんだんに使った建物が、外から見ると非常に印象的だ。
 寺院を模したような、獅子を両脇に随えた小さな階段状のエントランスを登ってホテルの中に入ると...

続きを読む

FOUR SEASONS RESORT CHIANG MAI(旧:THE REGENT RESORT CHIANG MAI)


チェンマイきっての超高級リゾート、フォーシーズンズリゾートチェンマイのコテージから見た風景写真

 フォーシーズンズ・リゾート内のレジデンス棟をレンタルヴィラとしてリーズナブルに利用できます。
 利用できるのは3ベッドルーム・レジデンスのうちの2部屋で、1部屋でも借りられます。ひとつはチャイニーズ・スイートと呼ばれるダブルベッドルーム、もうひとつはバリニーズ・スイートと呼ばれるツインベッドルームです(オーナーは香港在住のフランス人だそうです)...

続きを読む

BODHI SERENE CHIANGMAI


チェンマイ市内中心部、お堀の中の旧市街にある高級ブティックリゾートホテル、ボディセリーンチェンマイの全景写真

 お堀の中の旧市街、ターペー門からラーチャダムヌン通りを200~300mほど進み、最初の大きな交差点を左折しラーチャパーキナイ通りに入ってすぐ左手にある、最近チェンマイで流行の高級ブティックホテル。
 ブティックホテルというのがどういう定義になっているのか正確にはわからないのだが、部屋数が少なくタイ様式をふんだんに取り入れたコロニアル風(妻が言うには...

続きを読む

RUEN COME IN(旧:HUEN COME RESIDENCE)


チェンマイ市内北西部にある、豪邸を改造してできたホテル、フワンカムレジデンスの1階にあるリラックススペースの写真

 今回泊まったホテルについてご紹介します!
 サイトはこちら。
 昔のお金持ちの家を改造してレストランとホテルにしてますので、雰囲気は抜群。
 朝早く外に出ようとすると門にカギがかかっていたりするところがホームステイ気分を味あわせてくれます。
 夜に出かける際、「何時に帰ってくる?」と...

続きを読む

RATI LANNA RIVERSIDE SPA RESORT(旧:SOFITEL RIVERSIDE CHAINGMAI)


ラティ・ラーンナー・リバーサイド・スパ・リゾートのデラックスルームの写真

 ナイトバザールからチャーン・クラーン通りをまっすぐどこまでも南下し、エアポート・プラザからサンカムペーン方面に伸びるマヒドン通り(国道1141号線)と交わる手前(ピン川にかかる橋のほぼたもとにあたる)に、2007年オープンした、超高級リゾートホテル。ナイトバザール方向から来ても空港方面から来ても、カーブする通りに沿って横に大きく広がるように建てられた白い壁とオレンジ色の屋根を持つタイ風の低層の建物が...

続きを読む

TAMARIND VILLAGE


 タマリンド・ヴィレッジに泊まってまいりました。本当にこじんまりとしたホテルでした。
 ツインの部屋の予定が、なぜか案内されるとダブル!変更をお願いしたのですが部屋がいっぱいとのことで、1日目は我慢。2日目もダメで(どこで間違ったのか夫婦の予約に……)、3日目はもう面倒なのでそのまま。2日目からは毛布を分けてもらったので、なんとか...

続きを読む

ANANTARA CHIANGMAI RESORT&SPA(旧:THE CHEDI CHIANGMAI)


 2006年2月後半に、チェンマイへ夫婦で3泊の旅行をしました。このサイトからいろいろな情報をいただきましたのでフィードバックしたいと思います。
 バンコクからは、19時30分発One-Two-Goのオリエントタイ航空でした。遅れることが多いと掲示板に書いてありましたが、定刻の運行でした。
 空港からホテルまでは、メータータクシーを使いました。空港の出口を...

続きを読む

JIRUNG HEALTH VILLAGE(旧:THE JIRUNG HEALTH RESORT)


チェンマイ北部郊外にあるジルン・スパ・オブ・エターニティ・リゾートの室内から見た風景写真

 2004年の4月と6月、2回宿泊したのですが、いずれもSanctuary Suiteと呼ばれている2ベッドルーム・スイートに泊まりました。4月は1泊だけでしたが、あまりのすばらしさにまた6月に行き、今度は2泊したんです。
 まず部屋に入って驚かされるのは、その広さです。広々としたリビングには8人は座れるソファーセットとともに、ウェルカムフルーツの置かれたダイニングテーブルが...

続きを読む






HOMEへ レポートを書く TOPへ