チェンマイおよび北タイ史概説

 タイの歴史は一般に、タイ人が歴史にはっきりと出現したと見られているスコータイ時代から始まる<注>とされている。しかしながら、北タイでは、すでにこの時代チェンマイを中心に置くラーンナー(百万の水田)王国が形成されていたことからもわかる通り、それとは異なる独自の歴史が築かれていたと言えるだろう。そしてまた、通常1296年にマンラーイ王がチェンマイを建都したことから始まると記されることが多いチェンマイの歴史も、実は石器時代から連なる土着の人々と、現在の中国から断続的に移動してきたタイ系諸民族、さらには交易の要衝としての地理的特性から、ベトナムやインドからこの地に移住した人たちをも含む、実にさまざまな人間たちによって織りなされてきたということが、史料を調べていくとわかってくる。
 私は、大学時代にインド中世史を専攻していたこともあって、こうしたチェンマイおよび北タイの歴史に興味を持って書物を集めてきた。チェンマイの書店をのぞいてみると、英語の文献はたくさん出ているのだが、日本語で書かれたものはまだ見かけたことがない(おそらく、論文とかはあるのだろうが……)。そこで、持っている書物をベースにして、日本語版の「チェンマイおよび北タイ史概説」をサイトの中に作ることにした。

≪おことわり≫このコンテンツは、個人的な趣味のコーナーとして、今後も文献を集めつつ、それに目を通しながら徐々に加筆していく予定です。したがって、文章は常に半完成の状態でアップされておりますので、あらかじめご了承ください。

≪注≫明石書店「タイの歴史~タイ高校社会科教科書~」P116



チェンマイ&北タイ史概要


ピン川渓谷は、雲南とチャオプラヤー平原とを結ぶ長い交易ルートの途中にあたる。鉄器などの考古学的な遺物から、この地域に最初に人間が居住したのは、少なくとも2000年前であると考えられる。これらの人々は「ラワ」と呼ばれており、後に紀元6世紀~10世紀に栄えたドゥヴァラヴァティ王朝のモン族にとって代わられた。モン族は、交易ルート上の広大で豊かな渓谷にハリプンチャイ(ラムプーン)王国を...

続きを読む

チェンマイ&北タイ歴史年表


767年 ロッブリー(中部タイ)王朝の王女チャマデヴィーによって招かれた隠者たちによってラムプーン(ハリプンチャイ)が建設される<注:9世紀はじめとの説もあり>...

続きを読む



自然と人間と文明を見つめる旅 ユーラシアの旅


HOMEへ レポートを書く TOPへ