ガイドブックのガイド

GOLDEN TRIANGLE THE LOOP(地図)


 発行:The Golden Triangle Rider Ltd Part.
 ISBN:978-974-16-4454-4


GOLDEN TRIANGLE THE LOOP このコーナーでも紹介している、タイ北部をバイクで旅する人のためのガイドブック“A Motorcycle Guide To The Golden Triangle”の著者であるDavid Unkovich氏が設立したと思われる会社が発行しているマップ。

 ということで、バイクを使って旅をする人をターゲットに、チェンマイを基点にゴールデン・トライアングル方面に絞って広域マップと地域内の主要都市の地図を掲載している。
 ゴールデン・トライアングル周遊のためのマップなので、広域図もかなり思い切ったレイアウトだ。チェンマイは地図の一番左下に置かれ、西はファーンへと通じる国道107号線沿いまで、南はサーラピ~ハーンドーンまでしか載っていない。逆に北から西にかけてはチェンマイ県、チェンラーイ県、パヤオ県が接するビルマ(ミャンマー)とラオス国境をほぼカバーしきっている。道路は、主要国道のほか、ツーリングに有用と思われる主に国道と国道をつなぐ道路を記載していて、途中途中の村もポイントになりそうな場所を重点的にプロットしてあり、非常に見やすい。4色カラーで地形もとてもきれいに表現されており、「ああ、ここから先はかなりの山道なのだな」などと、先の道がどうなっているのかを容易に想像できるだろう。さらに、6つの主要国道については、標高図(マラソンや自転車レースのテレビ中継で使われるような、道路の高低差を表現したもの)までついている親切ぶりだ。
 一方裏面は、下に記しているゴールデン・トライアングル・エリアの主要な街の地図が出ているが、表面の広域マップと比較すると非常にシンプルで、寺院などの観光スポットも載ってはいるが、主に宿泊施設とレストラン、銀行が目立っており、バイクで立ち寄った際の宿と食事場所の確保のために重点が置かれているようで、これだけを使って街の中を観光するのは少々辛いだろう。

 バイクに乗る人、とターゲットが非常に明確に絞り込まれているため、ある意味割り切ったつくりになっているので、人によってその利用価値は大きく異なるだろうが、もしチェンマイを基点にゴールデン・トライアングル方面を重点的に旅行するのであれば、ガイドブックはロンリー・プラネットの“Chiang Mai&Northern Thailand”あるいは日本語版の“タイ”の北タイ部分を切り取って、地図はこれを使えば、かなり内容の濃い情報が得られるのではないだろうかと思う。

≪スペック≫
*地図総点数……10点
*地図内容……ゴールデントライアングル周遊用広域、チェンコーン、パヤオ、チェンセーン、ファーン、メーサロン、メーサーイ、ソプルアック(ゴールデン・トライアングル)、チェンラーイ、タートーン
*その他の内容……主要国道の標高図(6点)、広告(バイク関係中心)
*タイ語表記……なし



チェンマイでのオプショナルツアーとアクティビティの予約サイト




HOMEへ レポートを書く TOPへ