バイクで行くチェンマイ郊外ドライブ

サンサーイ&メージョー

 

チェンマイの東北部、チェンラーイに通じる国道118号線とファーン方面に向かう国道107号線にはさまれた地域にあるサンサーイとメージョーの街を訪れる約2時間のドライブコース。どちらの街もチェンマイからそれほど離れていないため、道中のどかな北タイの田舎の風景を満喫……というのはむずかしいが、距離が短く道路も広くて走りやすいので、チェンマイが初めての旅行者にも安心だと思う。



サンサーイ&メーチョー チェンマイ市内中心部のピン川にかかるナワラット橋から、ケーオナワラット通りを北西に進む。中・長距離バスが発着するアーケード・バスターミナルを右手に見ながらスーパーハイウェイとの交差点を渡ると、道は片側4車線の広い幅を持つ国道118号線となり、交通量が非常に多くなる。すぐに、700年競技場とワット・プラタート・ドイカム近くとを結ぶバイパス道路との大きな交差点を過ぎ、さらに少し行くと「←サンサーイ」という大きな交通標識があり、左角にタラート(市場)のあるY字路に行き着くので、そこを左折。道は国道1001号線となり、両脇には最初は商店や住宅が続いている(バーン(村)・サンサーイムン)が、すぐにところどころに高級分譲住宅地のゲートがある以外は田畑が広がる、のどかな田舎の風景に変わっていく。国道107号線のチェンマイとメーリムのほぼ中間点と、チェンマイの南にあるサモーンへの山道が始まるバーン・ムアンクンとを結ぶバイパス道路との交差点を過ぎると、周囲は荒地が増えてくる。さらにしばらく進み、川にかかる小さな橋を渡ると道は狭くなり、左右にクネクネと曲がるようになる。バーン・サンサーイルアンを通り越しさらにいくつか小さな村を通り越すと、赤白に塗られた大きな鉄塔のあるパーラーンという村に行き着く(ここまで、国道118号線との分岐から約5km)。右手にタラート、そのほかの3方には商店が並ぶ小さな十字路にぶつかるが、そこを左折(←メージョーの看板あり)すると、道はさらにのどかな田舎道となり交通量もグッと少なくなる。
 道は、それまでとは異なり多少の起伏があるようになるが、しばらく進むとメージョー・ゴルフクラブへと続く道との交差点に行き着き、そこから先は道幅が広くなる。さらに少し行くと右手にはところどころに大きな建物があるメージョー大学の広大な敷地が広がる。大学を過ぎると、すぐに道はチェンマイ-プラーウ道路との交差点にぶつかる。
 そこを左折すればそのままチェンマイに戻ることができる(約13km)が、道中はあまり楽しいとは言えない。余裕があるようであれば、信号を右折して3~4km進んで国道1260号線へと左折し、ピン川にかかる橋まで行ったらそれを渡らずに側道を入って川にぶつかったら左折、そのまま川沿いの道を下ってチェンマイに戻るほうがずっと楽しいだろう。
【2005年7月】



管理人も日本にいた時は仕事連絡用にタイでも持ち歩いていました




HOMEへ レポートを書く TOPへ