蘭菜太郎さんの“チェンマイ裏街道”


第1話:不法滞在


 タイ国内には、周辺の経済的に遅れている国々から不法に入国し、さまざまな職業に就いているた人達がたくさんいる。そして、ここチェンマイには、特にビルマからやって来て、人目を避けながらひっそりと暮らしている人が多い。そんな「不法滞在者」は、なぜ、どのようにして、チェンマイにやって来ることになったのだろうか。

 テーン(仮名)は25歳、チェンマイに住むようになって6年が経つ。彼女は、タイヤイ(シャン)族でビルマ・シャン州の州都チェントンで生まれた。父親はチェントンの湖で魚を捕り、それを市場で売って生計を立てていたという。生活は苦しく、子供の頃から父親の仕事を手伝わなければならなかったため、学校に行くことのできなかった彼女は、字の読み書きがまったくできない。
 彼女に、最初の転機が訪れたのは15歳の時。タイヤイは一般的に早婚で、13~14歳で結婚してしまうことも多いが、チェントンには長年の戦乱の影響からか若い男性が極端に少なく、いい相手が見つからなかったため、中国人のミヤノイ(妾)となった。ミヤノイ生活はおよそ2年間続き、その後はメーサーイ(タイ最北部、ビルマ国境にある町)に出て、タイ人の家でお手伝いさんの仕事に就いた。メサーイでの生活は、特に辛いこともなく快適だったが、月700Bという安月給では仕送りも満足にできず、新しい仕事を探していたところ、友達から「チェンマイでお手伝いさんをするとたくさんお金がもらえるから、行かないか」と言われ、チェンマイに来てみたが、仕事場は何とアプ・オプ・ヌアド(ソープランド)であった。
 アプ・オプ・ヌアドでは、目付け役の警官が付き、不法滞在で仕事していることを見逃す代わりに「用心棒代」を取られ、さらに店からは部屋代(狭い部屋に何人もが雑魚寝するよう環境で1,000B)、衣装代などなどさまざまな形で金を要求されたため、ほとんど仕送りはできず「このまま自分は一生働き続けなければならないか」とあきらめた、という。
 しかしながら、捨てる神あれば拾う神あり。働き始めてから約半年後、客として店に来ていたある男性に見初められて足抜け(目付け役の警官と手を切るため、その警官よりポストが上の別の警官を間に立て、男性が双方に多額のワイロを支払ったという)、その男性のミヤノイとなりチェンマイに定住することになった。 現在は、その男性が借りてくれた部屋に住んでいるが、チェンマイでは年1回すべての家を警察が“訪問”、彼女のような不法滞在者をチェックして回っており、その時には20,000Bのワイロが、また、チェントンに帰る時には警官に付き添ってもらって国境を越えなければならないため、その手数料が3,000B必要だと言う。「でも、それ以外はとってもサバーイ。あとはできたら彼とちゃんと結婚して子供を作り、タイのIDカードが手に入れば最高ね」とテーンは笑う。

 彼女のエピソードは偶然知ることのできた話であるが、このように自分が望む、望まないに関わらず不法にチェンマイに滞在、金を稼いでいる人は多い。最近では、中国(雲南)からの流入も増えてきており(現在、チェンマイの売春婦のかなりの数は中国から来ている、と言われている)、この問題をより一層複雑にしている。



地方から国内線を利用してタイに出かける方は必見!




HOMEへ レポートを書く TOPへ