ショッピングスポット & チェンマイみやげ

シナワトラ・タイ・シルク(店舗)


≪サンカムペーン店≫

住所:145/1-2 ChiangMai-Sankampaeng Rd.
TEL:053-338053~5

≪ホワイケーオ店≫

住所:18/1 HuayKaew Rd.(カードスワンケーオ向かい)
TEL:053-217618

≪カード・ダラ・デヴィ店≫

住所:51/4 ChiangMai-Sankampaeng Rd.(ダラデヴィ・ホテル内)

WEBSITE:http://www.shinawatrathaisilk.co.th/



チェンマイ西部郊外にあるタイシルクの有名店、シナワトラタイシルク 「チェンマイでシルクを買うとしたらどこがいい?」と地元のタイ人に聞くと、多くの人が真っ先に名前をあげるのが、シナワトラ・タイシルクだ。
 店は全部で3ヶ所にあるが、店の規模や品揃えなどを考えたら絶対にサンカムペーンの本店に行くことをお勧めする。

 場所は、チェンマイ市内から国道1006号線をまっすぐ東に進み、第2環状道路(国道121号線)との交差点の手前右側になる。店は2000年代の初めに建てられた新しいもので、木をふんだんにつかったタイ様式の2階建てとなっており、通りを入ると広々とした駐車場がある。
 車を降りると店の建物に向かって左側が入口になっており、店員がタイの伝統的なハーブジュースを振舞ってくれると同時に、小さなシルクの胸飾りをピンで留めてくれる。続いて建物の中に入り、店員の案内に従って蚕を飼っているところ、繭から糸を作るところ、糸を織り機で布に作り上げていくところなど、シルクができるまでの過程を一通り見学させられる。なお、自分のように、こういうのは何度も見ているので不要、という人は、店の建物の正面にある出口から売り場に直接入っていってもまったく問題はない。
 売り場は1階と2階に分かれており、後者はセール品を主に置いているようだ。店内は広々としており、買い物はしやすい。ネクタイやスカーフ、バッグや財布のような小物も充実しているが、何と言ってもメインはシルクの布地で、それをシャツやドレスなどに仕立ててもらう。
 自分は、義姉が趣味(とは言えないくらい。イタリアでも歌ったりしている)でオペラをやっており、そのステージ衣装を作るためにたびたびこの店を一緒に訪れているが、あらかじめ作ってもらうものが決まっていて、希望のデザインがあるのであれば、それがわかるもの(雑誌の切り抜きなどでよい)があると、さすがプロで、それをベースにまったく同じものを作ってくれる。作るものが決まると「これなら、*mの布が必要です」と教えてくれるので、メートルあたりの単価に別れた棚から、気に入った布を選べばよい。色はかなり細かく分かれており、例えばグリーンと言っても色の深さや明るさなどによって何10種類もあるので、できるだけ色々なものを引っ張り出してもらって広げてみるとよい。棚に収まっている時の見た目と、広々とした場所に布を広げて見るのとでは、また印象がずいぶんと違って見えるものだ。
 ドレスなどはできるまでにだいたい48時間程度かかり、泊まっているホテルと部屋番号を伝えておけば、無料で配達してくれる。しかも、希望すれば仮縫いの状態で一度持ってきてくれ、試着して細かいところを作り直してもらうことも可能で、まさにオーダーメイドの醍醐味を味わうことができる。
 また、着る本人(義姉)がチェンマイに来れなくてドレスを預かってきてそれと同じものをオーダーして作ったこともあるが、「この部分には多少ゆとりを持たせておいたほうがきれいに見えるので、2cmほど大きめにしました」など、お客のことを考えて細かなところまで気を使ってくれたりしてくれるのもすばらしいと思う。
 店員の教育も行き届いているカンジで、中にはとてもきれいな日本語を話す男性店員もいたりするので、言葉ができなくてもあまり困ることはないのではないだろうか。

 店の名前“シナワトラ”というのを聞いてピンと来た人もいるかもしれないが、この店はサンカムペーン出身の元首相、タクシン氏の親類が経営しているらしい。
 が、そんなことには関係なく、シルク製品を購入するのであれば、チェンマイではやはり自分も地元のタイ人同様イチオシだと思う。



ショッピングでもマイルを溜めて、タイ行きチケットをゲットしよう!




HOMEへ レポートを書く TOPへ