ショッピングスポット & チェンマイみやげ

JJマーケット(ショッピングモール)



チェンマイ市内北部にあるおしゃれなショッピングアーケード、JJマーケットの写真 お堀の北東角(チェーン・スリープーム)から北に伸びるアサダートン通りを1.5kmほど進んだ、カムティエン市場のすぐ西側に2005年にオープンしたショッピングモール。本当かどうかは確認していないが、デパートで有名なセントラルグループの経営らしい。
 マーケットはアサダートン通りに沿って南北に細長く、中央付近にあるワウィーコーヒー(喫茶店)をはさんで、北には“JJデザインマーケット”、南には“JJホビーマーケット”という名前がつけられている。しかし、実際にはそれぞれのエリアは名前のように明確な特徴を持っているわけではなく、どちらも比較的高級なものを扱うおしゃれなカンジの民芸品店、家具屋などが多いようだ。ホビーマーケットの中には、小さいもののフードコートも併設されているので食事を取ることも可能だ。
 デパートを傘下に持つ大資本の経営で、初期投資コストもかなりの額をかけて作られたと想像されるが、現時点ではテナントはどちらも半分ほどしか埋まっておらず閑散としており、モール内はヒマそうにしている警備員と店員ばかりが目立っている。今後の発展に期待したいところであるが、個人的には現状ではカムティエン市場やその隣にあるロータスに来たついでに立ち寄るならともかく、わざわざ出向くほどの価値はないと思う。おしゃれなものが見たいのであれば、ニマーンヘミン通りかチャルンラート通りなどのほうがお勧めできるであろう。

==========

 2006年、通りをはさんだ西側にさらに“JJフードマーケット”がオープンした。名前からして、エアポートプラザの地下にあるフードコート兼食料品店群のようなものができるのか、と想像していたのだが、実際にはオープンしている建物の店の多くはほかのゾーンにあるのと同じようなオシャレなカンジの民芸品店やインテリア雑貨のショップになっている。まだ、テナントは全体の半分も埋まっていないおらず、最終的にはどのようなものになるのか今後が楽しみだ。しかし、こんなに大規模な開発して大丈夫なんだろうか?と人ごとながら心配になってくる。テナントが埋まる前に閉鎖……なんてことにならなければいいのだが。

==========

チェンマイ市内北部にあるJJマーケットで開かれる日曜朝市 日曜日に開催されている、安全食品やおみやげにも適した雑貨・小物などを販売する店が軒を連ねる朝市が裕福なタイ人や在住の外国人でたいへんにぎわっている。
 フリーマーケット的な雰囲気で自作のアイテムを直売する人も多く、他では手に入れることのできない商品を数多く見ることができる。食品が中心なので旅行者が買えるようなものはそれほど多くはないが、食事を取ることもできるので日曜にチェンマイに滞在しているのであれば朝食を食べに来がてら見学してみるというのもおもしろいと思う。
【2016年11月】



送料・返品無料でアフターサービスも全国200店舗で受けられる
日本最大級のメガネ・サングラス通販Oh My Glasses(オーマイグラスィズ)




HOMEへ レポートを書く TOPへ