ショッピングスポット & チェンマイみやげ

ウアラーイ通り(歩行者天国)



チェンマイ市内南部、ウアラーイ通りの歩行者天国 毎週土曜日の夕方5時からスタートだが、一番賑わうのは20時から22時くらいではないだろうか。
 チェンマイ門からティパネット通りとの交差点付近まで、ウアラーイ通りとそこから伸びるソイ(小道)のいくつかに沿って露店がびっしりと並ぶ。
 人が最も多く出ているのは、チェンマイ門から通り名の由来ともなっているウア(牛)の像が置かれた祠付近までで、混雑時にはゆっくりとしか進むことができず、店をのぞいて見るのも困難なほど。
 この一帯をブラブラ往復するだけで、軽く2時間はつぶれることだろう。
 売られている商品は、民芸品や若者向けのアクセサリー、衣類、雑貨など幅広く、ラーチャダムヌン通りの歩行者天国と大差はないが、上記ウアラーイ通りの項でも触れているように、この通りはもともと銀製品を扱う店が立ち並んでおり、そのため歩行者天国の露店でもほかと比べて銀細工などを売る店が目立つ。中には実際に銀の加工作業を店先で実演しているところもあったりして、多くの見物客を集めていたりする。
 店の数と人があまりにも多いため、気に入ったものをチェックしておいて後でまた買おう、などと思っていると、探し出せなくなる可能性が大きい。たいていの商品は悩む必要がまったくない程度の値段なので“ほしい!!”と思ったらどんどん買ってしまったほうがよい。扱う商品にも流行り廃りがあるようで、数ヶ月前には山のように売られていたものが、次に行った時には跡形もなく消え去っていることも珍しくない。

 食べ物や飲み物の店も多く出ているので、買い食いしながら店をひやかすのも楽しい。



エイチアイエス運営の価格徹底重視サイト




HOMEへ レポートを書く TOPへ