ショッピングスポット & チェンマイみやげ

チャルンラート通り(ピン川左岸)(ショッピングエリア)



チェンマイ市内東部のピン川沿いにあるショッピングスポット、チャルンラート通りの写真 チェンマイ市内東部のピン川沿いにあるショッピングスポット、チャルンラート通りにあるおしゃれなみやげ物店の写真


 ピン川左岸をナワラット橋から上流方向に走るチャルンラート通りは、長い間リバーサイドグッドビューといったレストランだけが川面に建つだけのエリアだった。が、2000年代に入ってからであろうか、その向かい側に次々とこじゃれた土産物店がオープンし始め、今ではナコンピン橋までのおよそ800~900mにわたるショッピングスポットにもなっている。
 エリア内にある店の総数は決して多いとは言えないが、小規模ながらオリジナルものや少量生産の手作りの製品など、ほかでは手に入りにくいようなものを売る店が目だち、一軒一軒のんびりとウインドウショッピングするだけでも楽しむことができるのではないだろうか。このエリアで有名な店としては、センスのよい高級シルク製品を扱うヴィラ・チニ、メーホンソーン県のポー・カレン族の布や服飾雑貨を扱う非営利団体が運営するソップ・ムイ・アーツなどをあげることができるだろうが、それ以外でも思わぬ掘り出し物を発見できる店があるかもしれない。逆に言えば、同じようなアイテムをまとめ買いしたいなどという場合には、ナイトバザールやアヌサーン市場西側の(卸売)土産物店街に行ったほうがいいだろう。
 タイプ的にはニマーンヘミン通りに近いが、ホテルが多く集まるナイトバザール周辺からそれほど離れておらず、ワローロット市場とはアヌサーン歩行者専用橋とダイレクトに結ばれているので、それらと組み合わせて訪れるのもいいし、買い物の後は川沿いのレストランで夕食、という時間の使い方も効率的だと思う。
 ロケーション的には恵まれており、通りを歩いている外国人観光客も多いのだが、ビジネス的にはなかなか厳しいものがあるのか、この1~2年は店が入れ代わったり、“貸し店舗”という張り紙が出ているスペースも目立ってきているような気がする。そういう意味では、少々寂れた感がないわけでもないが、特にナイトバザール付近に宿を取った人にとっては、ちょっと散歩がてらに足を伸ばすというつもりで訪れてみるといいだろう。
 ちなみに、エリアのほぼ中央部には、小さな博物館を併設した寺院(ワット・ケトゥカーラーム)があり、ちょっとした観光スポットにもなっている。
【右写真提供:アヌワットさん】



出発前に注文して、旅をもっと快適に




HOMEへ レポートを書く TOPへ