ショッピングスポット & チェンマイみやげ

 近年の世界的なアジアン雑貨ブームに伴って、チェンマイへショッピングを目的にやってくる旅行者(特に女性)も年を追うごとに増えてきているようだ。と同時に、そうした人たちをターゲットにした、おしゃれな雰囲気を持ったショップも市内、郊外を問わず雨後のタケノコのようにオープンしている。しかし、チェンマイでは何ヶ所か土産物屋が集中しているエリアがあり、それぞれに特徴があるので、それをあらかじめ知っておき目的に合った場所に行けば、より効率的なショッピングが可能になる。このコーナーでは、まずはじめにそうしたショッピングエリアを紹介する。具体的な店舗についてはほとんど言及していないが、フリーペーパーガイドブックが店選びの参考になるだろう。
 次に、これまで自分が買い求めたチェンマイの名産品・特産品、さらには“一般的なお土産物ではないものを……”というような希望を持つ方に向けての、ちょっと変わったチェンマイグッズをご紹介したい。漆器、陶磁器類、ラタン、布地……とチェンマイの名産品・特産品はさまざまで、クルンテープ(バンコク)で売られている土産物の多くはチェンマイ周辺で作られており、値段も2~3割程度当地の方が安いと言われているが、周囲を山々に囲まれたチェンマイでは特に木製品作りが盛んで、それを扱う店が街なかには目立つ。木製品に限らず、じっくり探せばきっとお気に入りの一品に出会うことができるだろう。
 なお、買い物で注意しなければならないのは宝石類とアンティークで、よいもの(本物)を手に入れたいと思うのであればそれなりの知識が必要だ(2004年にも、サンカムペーンにあるツアーも多く訪れる大型の宝石店が、まがい物を大量に扱っていたとして警察に摘発されている)。また、布地も手織り(手縫い)と機械ものとでは値段がまったく違うのだが、前者を手に入れたいと思うなら両者の差を見分けられるくらいの眼力は持っておきたいものである。しかし、一般的に言って、多くの店では客をだましたり、極端に値段を吹っかけてきたりすることはない。もちろん、原則的に定価販売ではないため交渉次第で購入価格は変化するが、インドのように10倍、20倍……というようなボッタクリはないと思っていていいだろう(皆無とは言い切れないが)。




出発前に注文して、旅をもっと快適に



ナイトバザール~ターペー通り&ローイクロ通り(ショッピングエリア)


チェンマイ市内中心部にある最大のショッピングスポット、ナイトバザール

 ナイトバザールは、市の中心部、チャーンクラーン通りの両脇の歩道に約900mに渡って夜のみ出現するショッピングスポットで、ここでの買い物はチェンマイ観光のハイライトのひとつと言ってもいいだろう。店は、移動式の屋台のような造りの幅2~3mの小さなものが中心で、その数は膨大だ。扱っているものは、基本的にお土産用に大量生産された民芸品が多く、洋服なら洋服、銀製品なら銀製品というようにひとつのカテゴリのみを販売しているところが多い...

続きを読む

ニマーンヘミン通り(ショッピングエリア)


チェンマイ市内西部にあるショッピングスポット、ニマーンヘミン通り

 市の西、フワイケーオ通りとスーパーハイウェイとの交差点から南にステープ通りまで続いている、1.6kmほどの距離を持つ片側2車線の広い道がニマーンヘミン通りだ。この数年、北寄りのこの通り沿いおよびそこから枝分かれしているソイ(小道)の中におしゃれなショップやスパ、レストランなどが次々にオープンし、今や日本の女性誌やガイドブックにも取り上げられるほど...

続きを読む

チャルンラート通り(ピン川左岸)(ショッピングエリア)


チェンマイ市内中心部にあるショッピングスポット、チャルンラート通り

 ピン川左岸をナワラット橋から上流方向に走るチャルンラート通りは、長い間リバーサイド、グッドビューといったレストランだけが川面に建つだけのエリアだった。が、2000年代に入ってからであろうか、その向かい側に次々とこじゃれた土産物店がオープンし始め、今ではナコンピン橋までのおよそ800~900mに...

続きを読む

ボーサーン&サンカムペーン(ショッピングエリア)


チェンマイ東部にあるショッピングエリア、ボーサーンの土産物店

 チェンマイ中心部、ターペー門からチェンマイ駅前を通って東に伸びる国道1006号線沿いにある2つの街が、ナイトバザール、ウアラーイ通りと並んで歴史のあるショッピングエリアでもあるボーサーンとサンカムペーンだ。チェンマイの街からだと前者は約10km、後者は約15kmほど離れているが、サンカムペーンの街そのものには土産物店は少なく、実際にはボーサーンの街を中心にして国道沿いの...

続きを読む

ウアラーイ通り(ショッピングエリア)


チェンマイ市内南西部にある銀製品の店が立ち並ぶウアラーイ通り

 お堀の南に位置するチェンマイ門から空港方向に南東に伸びている、片側1車線の狭く交通量の多い道がウアラーイ通りで、ここには銀製品を扱う店が軒を連ねている。10年以上前、チェンマイ市内でショッピングというとナイトバザールとここしかなく、その当時はどの店も繁盛していたのだが、現在ここに行ってみると...

続きを読む

バーンタワーイ(ショッピングエリア)


チェンマイ南部郊外にある木製品の店が立ち並ぶ人気急上昇中のショッピングスポット、バーンタワーイ

 市の中心部から国道108号線を南に10kmほど進み、ハーンドーンの街の中心部にある信号を左折、さらに1kmほど行った右手にある、木製品がメインのファクトリー&ショップが固まっている村がバーン・タワーイだ。
 国道を曲がると、すぐに道の両脇に大型・小型のみやげ物店やカーゴ会社などが軒を連ねているのが目に入るが...

続きを読む

ラーチャダムヌン通り(歩行者天国)


チェンマイ市内中心部のラーチャダムヌン通りで日曜日に行われる歩行者天国

 毎週日曜日の午後から夜にかけて、お堀の内側のターペー門前からワットプラシンまで続いているラーチャダムヌン通りを自動車、バイクを通行止めにして開催されているこの歩行者天国(タノンコンドゥーン)は、もともとはターペー通りを使って行われていたのだが、確か2010年ごろに現在の場所に移転した。
 路上には、工芸品などのいわゆるお土産物...

続きを読む

ウアラーイ通り(歩行者天国)


チェンマイ市内南部、ウアラーイ通りで土曜日夜に開かれる歩行者天国

 毎週土曜日の夕方5時からスタートだが、一番賑わうのは20時から22時くらいではないだろうか。
 チェンマイ門からティパネット通りとの交差点付近まで、ウアラーイ通りとそこから伸びるソイ(小道)のいくつかに沿って露店がびっしりと並ぶ。
 人が最も多く出ているのは...

続きを読む

フワイケーオプラザ(ローカル・ナイトバザール)


チェンマイ市内北西部にある地元の若者向けのナイトバザール、フワイケーオプラザ

 街の北西部、ドーイステープへと続くフワイケーオ通りとスーパーハイウェイとの交差点(ターンイェーク・リンカム……リンカム交差点)の近くには、数年前から空き地を利用した地元のタイ人向けのフリーマーケットのようなものができて賑わっていたのだが、2年ほど前に通りをはさんだ向かい側に「フワイケーオ・プラザ」として新たに...

続きを読む

JJマーケット(ショッピングエリア)


チェンマイ市内北部にあるおしゃれなショッピングアーケード、JJマーケット

 お堀の北東角(チェーン・スリープーム)から北に伸びるアサダートン通りを1.5kmほど進んだ、カムティエン市場のすぐ西側に2005年にオープンしたショッピングモール。本当かどうかは確認していないが、デパートで有名なセントラルグループの経営らしい。
 マーケットはアサダートン通りに沿って南北に細長く...

続きを読む

メンラーイ・キルンズ(店舗)


お濠の中のチェンマイ旧市街あるセラドン焼きの店、メンラーイキルンズ

  お濠の中のチェンマイ旧市街の南西にあるセラドン焼きの店。日本でもレストランを展開している有名店のサイアム・セラドンほどは知られていないが、歴史はこちらのほうが少し長く、同じような質のものが割安に販売されている。
 店は旅行者にとっては非常に便利な場所にある。お濠の南西角から内側を走るアーラク通りを北に200mほど進む(一方通行なので車やバイクは北進できない)と...

続きを読む

The Plaza(店舗)


 ナイトバザールD2ホテル横にあるショッピングモール。
 2013年3月13日グランドオープンとのこと。建物は少し前よりあったようですが、デパートとしてオープンしておりました。
 地階にフードコートがあり、上階は婦人服が主体の売り場です。アウトドアの売り場はありましたが、電化製品などは見当たりませんでした。最上階にはOTOPのコーナーがあり...

続きを読む

Herb Basics(店舗)


チェンマイを代表するハーブ製品の店、ハーブベーシックス

 日本の女性誌などでもたびたび紹介されている、チェンマイで最もおしゃれなハーブ製品ショップのひとつ。
 店は、ターペー通りのソイ5の向かい付近、お堀の中のプラポクラウ通りとラーチャダムヌン通りとの交差点、エアポートプラザのおみやげ物店が集まっているノーザン・ヴィレッジの1階、さらにチェンマイ空港の国内線ターミナルにもある。このうち...

続きを読む

サイウア・メンラーイ(店舗)


チェンマイ市内南西部にあるチェンマイ&タイ北部の食品物産店、サイウアメンラーイ

 チェンマイ市街南部のピン川にかかるマンラーイ橋のたもとで、隣のホリデイ・イン・チェンマイ(旧:シェラトン・チェンマイ)ホテルが建つより遥か昔のおよそ30年前からサイウアを製造直売してる老舗。駐車場には、クルンテープ(バンコク)をはじめとするタイ各地のナンバーをつけた自動車が止まっており、タイ人の間では有名な店であることがうかがえる。
 道路沿いに立つ黄色い看板の奥に立つ店の建物はそれほど大きくないが...

続きを読む

シナワトラ・タイ・シルク(店舗)


チェンマイ西部郊外にあるタイシルクの有名店、シナワトラタイシルク

 「チェンマイでシルクを買うとしたらどこがいい?」と地元のタイ人に聞くと、多くの人が真っ先に名前をあげるのが、シナワトラ・タイシルクだ。
 店は全部で3ヶ所にあるが、店の規模や品揃えなどを考えたら絶対にサンカムペーンの本店に行くことをお勧めする。
 場所は、チェンマイ市内から...

続きを読む

THE FAMOUS GALLERY(店舗)


チェンマイ市内中心部、ナコンピン・ナイトバザールにある似顔絵描きの店、ザフェイマスギャラリー

 ナイトバザール中心にある建物(ナコンピン・ナイトバザール)の地下1階、チャーンクラーン通りから入ってすぐのところに似顔絵描きのショップが何軒か並んでいる。自分がチェンマイに行きはじめた1980年代末には、確か別のナイトバザールの建物(現在は取り壊されて、ロッククライミング場などを備えたザ・ピークになっている)に同じようなショップがあったと記憶しているので、歴史はとても古いのだろう。入れ替わりの激しいナイトバザールのショップにあって...

続きを読む

チェンマイみやげ


チェンマイ特産のハチミツの写真

 チェンマイでは養蜂が昔から盛んに行われており、今ではそれをサポートしている日本の援助団体もあるほどだが、こうした養蜂業者によって作られた製品を売る店は、チェンマイ市内中心部に、私の知る限り2店あり、ひとつはナイトバザールのど真ん中のチェンイン・プラザ真向かい、もう1軒はスリ・ドンチャイ通りのチェンマイ・プラザ・ホテルの前にある。また、空港の中にも小さな店が出ている。  写真のハチミツとロイヤルゼリーは、ナイト・バザールにある「チェンマイ・ピュア・ハニー」という店で買い求めたもので、ハチミツは“ワイルド・フラワー”、“リンチー(ライチ)”など、蜂が蜜を取った...

続きを読む



タイのお土産、60種類以上から選んで自宅にお届け!



HOMEへ レポートを書く TOPへ