Naamさんの“CMU(チェンマイ大学)留学日記”(2)

7月


■7月8日


 今日はバスケットの授業があった。女の子は初心者が多い様子。しかし、バトミントンといい結構みんな運動神経がよいことに驚いた。授業の内容は基礎が多く、初めにレイアップシュートの練習をした。みんな形が綺麗で初心者とは思えないフォーム。バトミントンの全員のクラブ級の腕前といい、タイ人の運動神経はすばらしい☆むしろビビる……。授業の終わりに、来週はテストがあるらしきことを先生が言っていた。すると、授業が終わってからみんな一斉に練習を始めた。私は聴講生扱いなので、特に気にせずシュートを打つのみ……。みんなカヤン(勤勉)だ。
 タイ人は、勉強に関してカヤンだ。土日の図書館のあの人の数は、日本じゃテスト前じゃなければありえない。でも!やはりタイ人のサバーイ精神も健在。今日は雨なので、次の授業は人が少なかった。雨が降ったら休む(たまに先生も休む)というのは暗黙の了解らしく、出席を取らない先生もいる。日本もそうなると楽なんだけどなぁ……。




■7月9日

 最近、カフェ巡りが好き☆カフェには癒しの効果もあるのだとわかり、よく新しいカフェに行って勉強をする。今日はナーモー(大学正門側)にあるCafe Mong Pearlに入ってみた。人も少なくて静かだし、店内の雰囲気もいい。奥にある椅子、というかソファに座った。とっても座り心地がいい。隣には青い短パンの男子高校生がいる。高校生にもなって短パンはちょっとかわいそうだといつも思っていたけれども、ま、それは置いといて、彼らは裕福そうだ。ここのカフェは結構高い!私はカプチーノシェイクのラージサイズを注文した。でも60Bはちょっと高い。最近庶民的になってきた私には高かった……。タイ人の友達もWawee Coffeeは高いという子が多いので、同じくらいの値段のこの店も高いはず。そこに高校生とは裕福だ……。タイは貧富の差が大きい。そして大学に通う子は上流が多い。大学生でBMWやら高級車に乗ってる彼らって何者???




■7月16日


 以前、大学院の哲学科の人に声をかけられ、インタビューさせてほしいと言われてました。彼の研究はインド思想だそうで、また日本の十代の若者の思想について知りたいらしい。今日図書館で待ち合わせて、インタビューを受けました。しかし、難しい……。十代を終えたばかりでも、今の十代が何を考えているかなんて分からない……。質問の内容は「ゴシップ・ロリータ」、「若者の好きな国はどこか」、「カトゥーイ(おかま)についてどう思っているか」などなど。海外に来ると、日本について考えさせられることがとても多いですね。そして、改めて日本の良さも悪さも認識します。大学生になって海外に行く事が多くなり、日本っていい国だなぁ~、とよく感じるようになりました。




■7月18日


 朝から天気がいいので、ここ3日間洗濯三昧です。タイには洗濯屋があるのでみんなそこに頼むのですが、私はなぜか手洗いをしています。昨日、タイで買ったプリーツスカートを洗ったのですが、な、なんと驚くことにスカートは洗ってもまったく型崩れしません!!洗濯しても、プリーツの線はそのまましっかり残ってる。すごい。日本のスカートは座るとすぐにしわがついてしまいますが、タイのものは座っても全く大丈夫!これぞ女子学生の味方。




■7月22日


 最近、バスケットクラブの友人ができました。毎日夕方5時半から練習があるらしいので、さっそく行ってみました。すると、試合をしていました。4チームもいる。しかし一体どこの大学かと思いきや、全部チェンマイ大学のチームらしい。バスケのチームは、学部ごとにあるらしいのです。そして友人のプレイ姿を見て、さっそく私もやりたくなってしまいました。その友人が人文学部のバスケ部に紹介してくれて、土曜の練習に参加することになりました!とても楽しみでドキドキです。




■7月29日


 女の子の友達が髪の毛をベリーショートにしていたので、他のタイ人の子にかっこよくなってたよ!と言ったら、その言い方はよくないと言われました。私もダメかなとは思っていましたが、ほんとにダメなんだ……。なぜダメかといえば、タイにはトムボーイ(おなべ)が多く、同性愛者も多いので誤解を招くそうです。高校の時はベリーショートの子がたくさんいたので、日本じゃかっこいいと言えてもタイじゃ気をつけないと。



カメラをレンタルして返すだけでフォトブックが出来上がる




HOMEへ レポートを書く TOPへ