チェンマイ旅行・基礎の基礎(市内交通編)

レンタルビークル(自転車・バイク・自動車)



 チェンマイは、旧市街のお堀の一辺が約1.5km、スーパーハイウエイ内の市街地全体ではおよそ7km四方あり、主要な観光スポットがその中および周囲に点在しているので、それらを歩いて回るのは困難で、また効率もよくない。さらに、場所によってはソンテオやトゥクトゥクなどの公共交通機関があまり通らないので、行ったはいいが帰る段になって足の確保ができず途方に暮れる、ということも起こり得る。このような地理的特性を考えると、多少距離があっても楽に移動でき、時間や帰りの交通機関のことを気にせず、自分の都合に合わせて観光が楽しめる乗り物として、レンタル・ビークル(自転車・バイク・自動車)の利用価値は、大いにあると言えるだろう。実際、これらの乗り物を貸し出す店は、ターペー門やナイトバザールあたりをはじめ、旅行者が多く訪れるエリアには山のようにあり、正月などの繁忙期を除けば選択肢はいくらでもあるので、チェンマイにある程度の期間滞在するのであれば、ぜひ利用することをお勧めしたい。
 レンタル・ビークルには自転車、バイク、自動車があるが、いずれの乗り物を借りる場合も、契約前には書面などを通じて条件などをよく確認し、少しでも不明な点があれば店員に質問するようにしよう。何となくわかった気になっていたが、いざ問題が起きた時に自分の理解とは異なっていた、と言っても後の祭りだ。また、万が一事故や故障などが起きた時にいつでも連絡できるよう、店(スタッフ)の携帯電話の番号を教えてもらっておくと安心できるだろう。
 自動車はもちろんだが、バイクもタイでは一般庶民にとってはとても高価なもので盗難も多発しているので、ほんのわずかの間駐車する場合でもハンドルをロックするのとは別にもうひとつカギをきちんとかけたほうがいい(店によってはそれも一緒に貸してくれる)。最近ではバイクのカゴに入れたバッグなどをひったくられる、という事件も多いようなので、ベルトをミラーにかけてからカゴに入れる、あるいは肩からたすきがけにして体から離さないなどの対策も講じるようにしよう。あまり神経質になることもないとは思うが、“ここは日本とは違うのだ”ということは、いつも頭の片隅に置いておいたほうがいいと思う。また、バイクと自動車を利用する場合は、日本で国際運転免許証を必ず取ってくること。最近は道路上で警察がそれらをチェックすることも多くなってきているので、パスポート(コピーでもだいじょうぶだと思う)とともに国際運転免許証は常に携帯しておくべきだろう。昔のように、免許不所持などで捕まった場合、賄賂で簡単に放免してくれるとは限らなくなってきている。
 さらに、タイでは交差点で左折する場合赤信号でも曲がってよいなど、日本とは異なるルールがいくつか存在する。これは、文章で読んでもなかなかその場面に遭遇してみないことには理解するのはむずかしいと思うので、バイクや車を借り受けたらいきなり本格的に走り出すのではなく、例えばターペー門近くの店で車を借りたらお堀をゆっくり1周してみるとか、感覚を慣らすために少し試し運転をしてみるといいのではないだろうか。いずれにしても、(自分に責任があるかどうかに関わらず)事故などに巻き込まれる可能性は日本よりもずっと高いので、慎重の上にも慎重を期して、レンタル・ビークルを利用するように心がけよう。また、道案内などの標識も英語併記で割とキチンと設置されているので迷うようなこともないだろうが、できれば書店で地図を事前に購入してからドライブに出ると安心だろう。


このサイトにアップしている多くの写真を撮影したデジカメ


≪レンタル自転車≫

 レンタル自転車は、この2~3年特に数が多くなったような気がする。自分はすでにバイクを保有しているため、実際にはこれまで一度も利用したことはないが、おそらくレンタル料もかなり安いのではないだろうか。自転車も、以前は中国製のゴツくてしばらく乗ったらお尻が痛くなってきそうなものが大半だったのだが、最近はタイ製(?)のマウンテンバイク型のものを貸し出している店も多く見かけるようになった。現地の気候(4月~5月には40度を越える日も珍しくない)や地勢(中心部を外れると坂道が多くなる)を考えると、よほど体力に自信のある人は別にしてあまり遠方に行ったりするのには向かないと思うが、たとえばお堀の内側の寺院だけを見て回るという場合だったらレンタル自転車でも十分用は足りるだろう。レンタルする場合は、イスの座り心地や車体がゆがんでいないか、チェーンはしっかりしているか、ブレーキはちゃんときくかなどをチェックするようにしたほうがいいと思う。また、乗る時には帽子をかぶる、日焼け止めを塗る(特に首の後ろ側は忘れやすいので注意)、水分補給をこまめにするなど、日射病・熱射病に対する防御策を講じてからにすること。
 また、これは自転車に限ったことではないが、チェンマイ市内は一方通行の道が非常に多いので、自転車の場合もそれは遵守したほうがいいと思う。たまに、一方通行を逆走している外国人旅行者をみかけるが、傍から見ていると非常に危険でヒヤヒヤする。バイクや自動車が中心のチェンマイの道路では、自転車は基本的にうまく交通の流れに乗ることができないので、交差点を通過する時や道路を反対側に渡る時などは十分周囲に注意しよう。チェンマイ(タイ)では、日本のように歩行者や自転車などを優先する習慣はないので、日本のように自転車が道路を渡っているからといって、自動車やバイクが止まってくれると期待しないほうがよい。

==========

≪自転車の乗りかた≫

 チェンマイ市内での自転車の乗りかたですが、自動車やバイクと同じ「車両」としてルールに従って走れば、意外と安全で走りやすい街だと思いました。ただし「車両」ですから、レーン変更などの際にはしっかり後ろを確認したり、手でサインを出すことが重要です。日本の市内を走ると、スピードの遅い自転車を邪魔者扱いする車が多く、プレッシャーを感じながら走ることになります。タイでは自転車を含め、ポンコツスクーターや3人乗りで重くなったバイクなど、スピードの出ない車両も路上にたくさん走っており、それらに非常に寛容です。猛烈な交通量のお堀周りで、手で車輪を漕ぐ身障者の自転車とも何回かすれ違いました。当地のドライバーは安全な距離を空けてくれるし、無理な割り込みを絶対にしない、というのが自転車に乗った私の感想です。しかしながら、チェンマイ市内に限って言えば、お堀の周りは道幅があり、直進やUターンの際、車に伍して車線変更をする必要があります。日本で歩道をチョロチョロ乗っている程度のライダーは、やはり乗らない方がいいでしょう。なお、私がチェンマイに行ったのは12月ですが、涼しくて大変自転車に適した気候でした。
【スーさんのレポート】


暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル


中区切り線

≪レンタルバイク≫

チェンマイ市内の至るところにあるレンタルバイク屋の写真 レンタルバイクは、個人的にはチェンマイを見て回るのに最も適した乗り物だという気がする。渋滞に巻き込まれることもなく、自動車では入りにくいようなソイ(小道)もスイスイ行くことが可能で、駐車場所に困ることもない。自転車のように疲れることもなく、郊外や山道を行くのも簡単だ。
 レンタル料は、店やバイクの種類、マシンの状態(同じ店の同じタイプのバイクでも、新しいものは高かったりする)、レンタル期間などによって幅があるが、最も一般的なホンダドリーム(スーパーカブ)で、1日100~200B程度(ほかに、デポジットとしてパスポートを預かる店が多い。自動車を借りる場合も同様)で、レンタカーに比べると値段もグッと手ごろだ。最近では、ホンダやヤマハ、さらにはハーレーなどの大型バイクを貸し出す店も増えてきており、そうした乗り物に興味のある(かつ乗りこなせる)人にとってはうれしい限りだろう。こうしたバイクなら、チェンマイから他県に出て北タイを広くツーリングすることも可能だ。
 借りる時は、ブレーキがきくか、ヘッドライトや方向指示器がちゃんとつくかなどをきちんと確認してからにしよう。また、運転する時にはヘルメットを必ずかぶること。通常は店で貸してくれるが、ない場合はロータスなどのメガストアに行けば簡単に購入することができる。値段も200~300B程度なので使い捨てにしても惜しくはないだろう。現地の人は何もかぶらずに運転していることも多いが、最近は警察による検問も頻繁に実施されており、ヘルメットをかぶっていないと呼び止められてトラブルになる。また、市内を運転する場合、トゥクトゥクやソンテオの後ろにはあまりピッタリ近づかないようにすることをおすすめする。これらは、客を乗降させるために急な停車や路線変更を頻繁にするので、非常に危険だ。
 ガソリンは、通常借り受けた時にはほとんど入っていないので、まずはガソリンスタンドに行って補給することになる。ガソリンには2種類あり、タイでは91(ガオヌン。タンマダー(普通)ということもある)と95(ガオハー。スーパーということもある、いわゆるハイオクタイプ)のどちらかをまず指定し、次いでどのくらい入れるかを言う。その場合入れる単位はリッター数ではなく「30B」とか「50B」とか金額を言ってその分のガソリンを入れる。満タンは「ティエム・タン(タンク。省略してもOK)」という。バイクの場合、どんなにたくさん入れても100B程度だろうから、満タンにしてしまうことをお勧めする。

==========

 2004年、タイでは昼夜を問わずバイクのヘッドライト点灯が義務づけられた。警察などとの余計なトラブルに巻き込まれないためにも、運転時には必ずヘッドライトをつけるようにしよう。


スーツケースレンタルは日本最大級の品揃え【アールワイレンタル】


中区切り線

≪レンタカー≫

 一緒に行動する人数が多かったり、地方に出かける時にはレンタカーが重宝する。以前は、旅行者がレンタルするのは圧倒的にスズキ・ジムニーが多かったのだが、最近ではセダンタイプやRV車、ワンボックスなどバリエーションも豊富なので、予算(車の種類によって1日1,000B~4,000Bくらいまで幅広い)や用途に応じて好きなものを選ぶことができる。
 借りる場合の注意は、おおむねすでに記述しているが、自動車の場合は車体に傷などがついている場合、事前に店のスタッフときちんと確認しておこう。それを怠ると、自分が傷をつけたとして返却時に責任を問われることもあり得る。さらに、返却する場合はガソリンをどうするのか(借り受けた時に入っていた量と同じくらいにして返すのか、そのまま返して減った分を大体で計算してお金を払うのか)なども聞いておいた方がよい。優良店では、日本同様それらをきちんと確認・説明してくれるが、いい加減な店も多いので後でトラブルになることを防ぐためにも、契約時には細心の注意を払うようにしよう。
 タイは、日本と同じ左側通行なので運転時にはそれほどとまどうこともないだろうが、郊外に出た場合多くの車は100km以上の猛スピードで爆走する。しかし、慣れない道ではなるべく速度は控えめにして、後ろから車が迫ってきたら、あせらずに追い抜かせるようにした方がいい。また、タイ人は山道の見通しのきかないところでも平気で追い越しをかけてくるが、決してまねをしないように。タイの道は結構広くて路面の状態もよく、ついついスピードを出しやすいが、突然道が大きく曲がっていることも多いので(一応標識は出ているが)常に前方の道路の状態に気を配っておこう。
 県境や郡境、峠などの主要なポイントでは、検問も頻繁に行われている。それらに遭遇した場合、なるべく丁寧に応対して、パスポートや免許証の提示、あるいはトランクを開けるよう命令されたら素直に従おう。

==========

≪チェンマイでの運転ルール≫

 日本から来て、チェンマイの街の運転ルールに初めて接すると「メチャクチャだ!」と感じる方も多いようです。実際に、運転技術的な点では日本のようなしっかりした教習システムもありませんし、上手ではないドライバーも多いようです。しかし、チェンマイにはチェンマイなりの交通ルールやマナーが確立しており、日本のものとは違うということを理解してしまえば、それなりの秩序が保たれていることに気がつくと思います。
 チェンマイの街は、一方通行の道がとても多いです。自動車でこの一方通行を逆走すれば当然交通違反ですし、事故の素です。そして注意したいのは、時間帯によって流れる方向が変る道があることです。「何時から何時までは、どちらの方向へ走れ。」と標識に書かれてはいますが、タイ語表記のためわからないかもしれません。その場合は、一方通行の入口で走ってくる車の方向を確認してから進入すると安心です。後続の車にはジャマでしょうが、タイのドライバーはこの程度のことにこだわる人は少ないようです。
 タイは日本と同じ左側走行ですが、たまに右側通行の道があったりして面食らいます。具体的にはワローロット市場の西側、チャンモイ通りとターペー通りを結ぶ道です。ロータリーが多いのも、チェンマイの特徴です。ロータリーでは、先にロータリーへ侵入している(右から来る)車が優先されています。ロータリーの中には、T字路の真ん中にドラム缶を置いているだけのところもあります。その場合、ドラム缶の右側を抜けて走行することが大切です。
 押しボタン式信号の横断歩道も設置されています。本来、歩行者があり歩行者用の信号が青(つまり車は赤)の場合は、日本同様に横断歩道手前での停車義務があります。しかし、実際には停車しない車も多く、横断歩道手前で急停車すると、追突されることもあります。一般の横断歩道でも、交通規則上は歩行者優先となっており、歩行者の横断を妨害した場合は、罰金刑となっています。タイのドライバーの中にも歩行者を尊重している方がいます。よいマナーのドライバーを見習いたいものです。
 交差点での左折について、前方の信号が赤であっても、多くの交差点で左折が認められています。左折時には右からの直進車と、歩行者に十分注意して曲がりましょう。不安な時は、信号が青に変ってから左折しても後続のドライバーは待ってくれるでしょう。一方右折では、交差点で前方の信号が青であっても、右折信号灯のあるところでは待ったほうがいいようです。また、右折しようとする際、直進対抗してくる車がパッシングをしてきても、それは日本のように“どうぞ”と道を譲ってくれるものではありません。日本とは反対に“あぶないぞ!”との警告です。パッシングされたら、必ずその車の通過を待ってください。
 そのほかタイでの運転の鉄則としては、イライラしないこと、特定の車に対してクラクションを鳴らさないこと、車の流れを守ること、シートベルトがあれば着用すること、バイクはヘルメットを着用すること、などがあげられると思います。
【Rabbitさんのレポート】



管理人も自家用車を持つまではよく利用していました。チェンマイ空港で受け渡し




HOMEへ レポートを書く TOPへ