チェンマイ旅行・基礎の基礎(市内交通編)

ソンテオ(乗り合いピックアップトラック)


チェンマイ市内の重要な公共交通機関のひとつであるソンテオ バンコクのようにスカイトレイン(BTS)やバスなどの公共市内交通機関が発達していないチェンマイで、自前の足を持たない市民に最も利用されているのがソンテオだ。
 ソンテオは別名「シーロー(四輪)」、「ロットデーン(赤い車)」と呼ばれていることからもわかる通り、赤い車体の四輪ピックアップトラックの荷台に座席と屋根をつけたもの(写真参照)で、簡単に言えば自分の希望する場所までピンポイントで行ってくれる乗り合い自動車、ということになるだろうか。

 これを利用する際には、ソンテオが走って来たら手を斜め下(頭は神聖な場所なので、日本のようにその上に手を上げることはしない)に出して止めて、助手席の窓から自分の行きたい場所を告げる。運転手は簡単な英語であれば理解することが多いが、ホテルやレストランの名前などはよく知らない場合が多いので、「***交差点」とか「タラート(市場)***」とか近くの目印を指定したほうがスムーズに伝わるだろう。あらかじめ、宿泊しているホテルでタイ語で行き先をメモ書きをしてもらっておけばより安心だ。運転手がうなずけば「乗れ」ということなので、車の後ろに回り込んで乗車する。何も言わなければ料金は一律20THBで降りる時に支払えばよいが、遠いところやほかの乗客の行き先と離れた場所などの場合は別に料金を言われることがある。納得できる金額なら乗り込めばいいし、納得できないなら「マイ・アオ・K(男性はクラップ、女性はカーまたはチャーオ。“いらない”という意味)」と言って次をあたればよい。また、複数人で利用する時には念のため全員の料金か一人あたりの料金なのかを確認しておこう。いい(高い)値段なので全員分だと思って乗り込んだら、降りる段になって「乗る時に言った料金は一人あたりだ」などと言ってくる運転手も中にはいたりするので、その辺はしっかり確かめておいたほうがいいと思う。手や首を横に振った場合は、おそらくすでに乗っている乗客の行き先と方向がぜんぜん違うので「行かない」ということなので、これもまた次をあたることになる。
 乗合自動車なので、先に乗客がいた場合はその人の目的地まで先に行くことがある。そのため、自分の行き先とはまったく違う方向に進んで心配になってくることもあるが、あまりあわてないように。座席の横には小窓がついているので、今自分がどの辺を走っているのかは常に確認しておくようにしたほうが安心だろう。自分が降りる場所が近づいたら、屋根についている呼び鈴を鳴らして運転手に知らせる。さらに細かな場所を指示する場合は運転席に向かって「その先の交差点を右に曲がって」とか「7-11のところで止めて」とか伝えればよい。

 ソンテオは上記の通り基本的には行き先の決まっていない乗り合い自動車なのだが、時として普通のタクシーのようになったり路線バスのような役割を果たすこともあるので注意が必要だ。例えば、観光スポットやショッピングセンターの前などで客待ちしているソンテオは、他の客を乗せずに目的地まで直接向かう(そのかわりに1人20THBでは行かず、トゥクトゥクと同じような値段を言ってくるので交渉が必要)ことが多いし、チャーンプアック市場の前に泊まっているソンテオは、ドーイステープだけに行く路線バスと同じような使われ方をしている。
 また、ソンテオは観光用にチャーターすることも可能だ。これはもっぱらホテル前で客待ちをしているソンテオになるが、観光客がホテルから出てくると地図や郊外の観光スポットの案内パンフレットなどを見せながら誘いをかけてくることが多い。向こうが言ってくる場所(多くはコミッションがもらえる)だけでなく、こちらが行きたい場所を示してそこだけを回ってもらうことももちろんできる。料金は時間、半日、あるいは1日単位での貸切となるが、こうした使い方をするのであれば事前の料金交渉はキッチリとしておかないと途中でもめる原因になる。人のいい運転手にあたると、観光客にはあまり知られていないようなレストランに連れて行ってくれたり、時間をオーバーしても追加料金なしで観光地を案内してくれることもある。そのようなドライバーに運よく巡りあったら、携帯電話番号を聞いておいて次からは指名(?)で使うのも手だろう。

 なお、ソンテオには赤ではなく水色や黄色などに塗られたものもあるが、これは基本的にチェンマイと郊外の街を結ぶ路線バス(フロントガラスの上にタイ語で行き先が書いてある)なので、市内で走っているを見てつかまえても赤色のソンテオのようには使えないので注意しよう。



送料・返品無料で試着もできる日本最大級のメガネ通販サイト
日本最大級のメガネ・サングラス通販Oh My Glasses




HOMEへ レポートを書く TOPへ