チェンマイ旅行・基礎の基礎(市内交通編)

 スカイトレイン(BTS)や地下鉄、メータータクシーなど多様な公共交通機関が整備されているクルンテープ(バンコク)と比較すると、チェンマイのそれは大変貧弱です。
 唯一の大量輸送手段と言ってもよい市内バスは、停留所に路線図や時刻表がなく、かつ現在では運行こそやめていないものの本数は大変少なくなっているというのが印象で、正直言って旅行者が使うにはあまりにも不便・非効率です。また、メータータクシーは徐々に数が増えてきてはいるものの、流しを拾ったりできるほど街を走り回っているわけではありません。
 個人的に一番お勧めできると思うのはレンタルバイクですが、初めてのチェンマイに来て地理に不案内であるとか、そもそも免許を持っていない方には厳しいでしょう。
 そうすると、ソンテオやトゥクトゥクの利用ということになりますが、英語があまり通じなかったり料金交渉が必要だったりするため、うまく使いこなすには多少のコツが必要です。
 このように、どの交通手段も帯に短したすきに長し、というのがチェンマイの市内交通ですが、“その不便さを楽しんじゃおう!”くらいの気持ちでいれば、団体ツアーでは決して味わえない楽しさや体験があなたを待っていることでしょう。

≪注≫交通機関に関するさまざまな情報は、日々刻々と変化します。これらの利用にあたっては、現地で最新情報を確認することを強くお勧めします。





トゥクトゥク&サームロー


チェンマイ市内の重要な公共交通機関のひとつ、トゥクトゥクの写真

 トゥクトゥクは、クルンテープ(バンコク)のようにBTS(スカイトレイン)や地下鉄がなく、メータータクシー、路線バスなども存在するものの未発達なチェンマイにおいて、一般の旅行者が最も利用する機会の多い交通機関なのではないだろうか。ホテルやタラート(市場)の前、寺院などの観光スポットにはたいてい客待ちのトゥクトゥクが止まっているし、通りを流していることも多いので、簡単につかまえることができる...

続きを読む

ソンテオ(乗り合いピックアップトラック)


チェンマイ市内の重要な公共交通機関のひとつであるソンテオ

 バンコクのようにスカイトレイン(BTS)やバスなどの公共市内交通機関が発達していないチェンマイで、自前の足を持たない市民に最も利用されているのがソンテオだ。
 ソンテオは別名「シーロー(四輪)」、「ロットデーン(赤い車)」と呼ばれていることからもわかる通り、赤い車体の四輪ピックアップトラックの荷台に座席と屋根を...

続きを読む

メータータクシー


チェンマイ市内の重要な公共交通機関のひとつであるソンテオ

 チェンマイにメータータクシーが登場したのは、何年前だろうか。もうずいぶんたつと思うのだが、当時からほとんど何も変わっていないのも長年当地を見続けている者からするとおもしろいと言えばおもしろい。が、観光が重要な産業となっているチェンマイを訪れる旅行者にとっての...

続きを読む

路線バス&ルート走行ソンテオ(乗り合いピックアップトラック)


チェンマイ市内の道路沿いあるバスの停留所

 チェンマイに初めて路線バスが登場したのは、おそらく1990年代後半だと思う。黄色い車体のミニバスだったのだが、あっという間に消えてしまった。その後、2003年に当時首相であったタクシン(チェンマイの東、サンカムペーン出身)の妹が会社を設立したり、チェンマイ大学が参入したりして路線バスを運行させたが...

続きを読む

レンタルビークル(自転車・バイク・自動車)


チェンマイ市内の至るところにあるレンタルバイク屋の写真

 チェンマイは、旧市街のお堀の一辺が約1.5km、スーパーハイウエイ内の市街地全体ではおよそ7km四方あり、主要な観光スポットがその中および周囲に点在しているので、それらを歩いて回るのは困難で、また効率もよくない。さらに、場所によってはソンテオやトゥクトゥクなどの公共交通機関があまり通らないので、行ったはいいが帰る段になって足の確保ができず途方に暮れる、ということも起こり得る。...

続きを読む



世界で最も愛されている、スタンダードなカード


HOMEへ レポートを書く TOPへ